M65 (フィールドジャケット)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
M65

M65(M-65 Field Jacket)は、アメリカ軍によって用いられた戦闘服で野戦用ジャケット

概要[編集]

1965年に正式採用されたことから、一般的にM-65フィールドジャケットと呼ばれている。

初期のものはラベルに「COAT, MAN'S, FIELD, M-65」の表記があったが、後に「M-65」の表記が無くなり、代わりに「COLD WEATHER」の文字が追加された。 他には「~WITH HOOD NYLON COTTON SATEEN OG 107」と併記されているものもある。

最終的には「COAT, MAN'S COLD WEATHER,FIELD~」砂漠地帯で用いられた6C及び3Cのデザート迷彩では、6Cのものには「COAT,CAMOUFLAGE PATTERN:DESERT」、3Cのものには「COAT,COLD WEATHER,FIELD,DESERT CAMOUFLAGE PATTERN」と記載されている。寒冷地用外套ということからも分かる通り、元々はアメリカ軍の装備品では防寒用衣料という位置づけである。裾の長さは、各々のサイズ毎にX-Short、Short、Regular、Longの4種類がある(ただしL,X-LサイズにはX-Shortの設定は無い)。

本モデルは第二次世界大戦から朝鮮戦争にかけて使用されたM-41M-43M-50M-51フィールドジャケットの後継として開発され、1990年代の終わりにデザートパターンの軍への納入が完了するまで実に40年以上にわたってアメリカ軍の現用モデルであり続けた。

M-43の洗練されたジャケットスタイルと、M-51のライナー統合システムを継承したM-65のデザインは他のモデルにも強い影響を与え、アメリカ軍のみならず、NATOなど周辺国の戦闘服でも類似するデザインを採用している例が多くある。日本においても近年自衛隊の採用された防寒戦闘服外衣の上衣は外観、素材、襟に収納するフードなどM-65に強く影響されていることがうかがえる。

主にアメリカ軍及びアメリカ沿岸警備隊などによって用いられたが、南ベトナム軍や韓国軍などアメリカの支援する国々の兵士達にも少数ながら支給され着用された例がある。非公式に戦闘地域で用いられた例は後述する。

1980年頃から採用されたBDUが2008年までにアメリカ軍の装備がACUに完全移行されるのに合わせ、近年ではゴアテックスなどの新素材で作られたECWCSパーカーなどの新モデルが採用され、1990年後半にM-65のアメリカ軍への納入は一度完了している。しかし、ECWCSはコストが高く、M-65を必ずしも互換するとは限らず、改めて2006年2008年にはUCP迷彩パターンのM-65が発注・納入されている。また、官給品以外にも多くのPXなどで現在でも販売されており、UCP迷彩パターンやアメリカ海兵隊が採用する2種類のMARPAT迷彩パターン等も存在している。なお、アメリカ軍ではヘルメットボディアーマー以外の個人装具に関しては、実際に私物のM-65が訓練や戦場に持ち込まれることもある。

M-65の特徴[編集]

様々なモデルがいくつかの会社によって製造され、色も、オリーブグリーン(OG107色)のみならず、ウッドランドパターン、デザートパターン、などのカモフラージュ柄なども採用/生産された。

主に前期ではOG107色が生産され、1980年代初期にアメリカ軍の多くの装備でウッドランドパターンを採用されてからは、しばらく両者が並行して生産された。その後1990年前後に中東などの砂漠地帯での活動が盛んになるにつれて、6C(通称:チョコチップ)及び3C(通称:コーヒーステイン)といったデザートパターンが製造された。

特に湾岸戦争では夜間、砂漠地帯の急激な冷え込みに対応するため、多くのM-65が支給され、テレビに登場する指揮官も着用していたため、ベトナム戦争以来多くの人々の目に触れることとなった。

製造会社によって、細部の違いはあるものの、正式納入された製品の素材の多くは綿ナイロン=50:50もしくは55:45の混紡である。採用された当時としては最新素材であったナイロンの特徴である速乾性と耐久性、綿の特徴である保温性と吸湿性を兼ね備えた生地となっている。この丈夫な素材の組み合わせはナイロンコットンと呼ばれ、その後、軍用の衣服に多用された。かなり厚手の生地で作られているため、見た目よりもやや重量感がある。後期にはナイロンの代わりにポリエステルが用いられているものもある。ポリエステルはやや型くずれしやすいがナイロンに比べて軽量で柔らかくしなやかである。

多少の防水性があるため、ベトナム戦争の際、兵士達が南ベトナムの高地で、スコールの後の寒さなどをしのぐのに、役に立ったと広く語られているが実際に雨に濡れて綿が水分を吸収すると、相当に重くなり、自由な動きがしづらく著しく体力を奪われるので、雨天時に野外で行動をする必要がある場合は、小雨でもすぐにポンチョなどの雨具を別に着用をする必要がある。

生産の際、表面に撥水加工が施されているが、着用や洗濯を繰り返すうちに容易にその効果は失われてしまう。その撥水/防水性には限界があり、基本的には雨天向きの衣料ではない。

一部の生産品の裏地には格子状に繊維が織り込まれたリップストップ生地が採用されており、カギ裂きなどの小さな破れが広がりにくくなっている。

肩の後ろの背中の部分にはバイスイング(アクションプリーツ)と呼ばれる折り込みがあり、布に余裕を持たせ、腕の取り回しがし易いように設計されている。

裾とウエストの部分にはドローストリングと呼ばれる引き紐が取付けられており、身頃を体に密着させ動き易くしたり、寒さを防ぐことができるようになっている。中期以降のモデルではウエストの引き紐にはナイロン製のもの、また、採用時から裾の部分には腰と足の動作を阻害しないようにゴム入りの伸縮性のある紐が取付けられている。

肩の部分にはショルダーループ(肩章)がある、1966年に製造された初期モデルにはこれがなかった。前モデルのM-51 (フィールドジャケット)などには採用されていたショルダーループをあえて省略した形であったが、いかなる理由からか、すぐにM-65にも復活採用された。

フロント部分はファスナーとスナップボタンの両方で閉じるようになっている。1971年頃までの初期納入分はファスナーにアルミが用いられていることもあったが、柔らかい金属であるアルミは耐久性や酸化すると開閉しづらくなる問題があり、中期以降ほとんどのモデルで真鍮製のものが採用されている。塩害を受けやすい環境での作業も想定され、また軽量化を計るため、1985年頃からのモデルにはプラスティック製のものが採用されることが多くなったが、強度の強い真鍮製のものもそれまで通り製造が続けられていた。襟の部分はプラスティック、前面は真鍮、またはその逆というものもある。

プラスティック製のファスナーはウッドランドではODまたは茶色、ODではOD、デザートパターンではベージュ色と歯の色が合わされておりカモフラージュ効果を狙ったものと思われる。ファスナーは大型のものが使われ、フロントジッパーには引き紐が装着されており、金属部の消音効果とグローブを装着したままでも、動きやすいように考慮されている。ファスナーの製造会社は初期はCONMARTALON、中後期はYKKSCOVILL、他いくつかのメーカーが使われており、本体の製造会社が同じでも、年度やロットによって様々である。後期のプラスティック製のファスナーではYKKが製造するヘビーデューティー用のVISLONが採用された。

ポケットは大型のものが正面に全部で4つ備え付けられておりそれぞれのポケットにはフラップがあり、金属製のスナップボタンで閉じられるようになっている。腰側の二つについては、スーツのポケットのようにフタを内部に入れて、開放式のポケットとしても使用できるようになっている。

フロント部とポケットのスナップボタンは全て見返し側のみに打ち込まれており、金属部が本体の表面に露出しないようになっている。

襟の部分は、防寒対策として、立て襟の意匠が採用されている。通常は襟を折り開いて着用する。襟の部分にはベルクロのストラップが付けられており、襟を絞って首から寒気が侵入しないようにすることもできる。また、襟の背面にあるファスナーの中にはパーカー式の簡易フードがあり、通常は行動の妨げにならないよう内部に収納できる仕組みになっているフードは緊急時に軽い雨を防いだり防寒用などに使用できるが、あくまで一時的なもので、生地は薄手であるためそれほど保温性や耐久性はなく、極寒地では別に、人工毛の付いた厚手のフードを襟に装着できるようにボタンホールとボタンが用意されており、通常は使用されない襟の周りのボタン穴とボタンはその際に使われる。

本体の内側には、ナイロン製防寒用ライナーも装着可能で、より厳寒な環境に対応できるように考慮されている。本体の裏地に付けられたボタンでライナーを固定するように設計されている。

軍への納入実績のある主な製造会社には、MA-1フライトジャケットで有名なAlpha Industriesの他にSO-SEW STYLESGolden MFGWINFIELD MFG等があるが、これ以外にも多数のアパレルメーカーが契約納入している。

M-65は前の採用モデルであるM-51を継承しており、両者は類似している部分も多い。改良された点としては

  • 生地が綿100%からナイロンとの混紡になった
  • 通常の襟から立ち襟へ意匠が変更された
  • ボタンで止めていた襟と袖口にベルクロテープが取付けられた
  • 袖口は防寒と手を保護するための角形のフラップが付けられた(折り込むこともできる)
  • ウエストにあるドローストリングが外側から内側に変更された

などがある。

軍事目的以外での使用[編集]

近年では軍用のみならず、カジュアルファッションのアウターとしても一般化しており、日本では俳優高倉健やタレントの所ジョージ浜田雅功などが愛用していることが知られている。

また、ファッションブランドがジャケットを製作する際にその要素を取り入れる元ネタに使われることも多く、様々な装飾を加えリメイクされたジャケットが数多く登場しており、一見するとオリジナルが分からないほどに、デザイン化されたものも一部の若者たちに好まれている。

ファッション用の衣類として用いる上での難点として、重量が重いこと、背中の部分にフードが収納される構造のため、猫背気味に見えてしまい、ややシルエットを崩してしまうことがある。また、本来コートとして下に重ね着することを前提としているため、前身ごろや腕の部分がかなり太めに作られており、ジャケットスタイルで着用するには全体的にややだぼついた感じになってしまうことがある。このため軍納入品を製造している会社であっても、民間用には素材や構造をやスリムに改良した製品を販売している製造者もある。

軍への納入が終了した現在でも民間レベルでのニーズがあるため、製造が続けられ、アメリカ国内以外でも中国などの工場でほぼオリジナルと同じスペックで作られた民生品も軍の放出品やデッドストックと共に多く流通している。アメリカ国内で作られた製品も輸出用として海外へ大量に送られている。ミル・スペック(アメリカ軍標準規格)とほぼ同等に作られたものだけでなく、アジアの工場で作られたものには生地や裁縫が粗雑なものも混在してM-65と称して販売されている。また軍に正式に納入された製品は規格に基づいて一つ一つチェックされることになっているが、実際のところはロットによってその品質にはかなりのムラがあり納入品であっても、糸のほつれや縫いの粗い製品などもある。最終的な製品チェックで不合格になった製品も軍放出品として民間に払い下げられ出回っていることもある。基本的に国費で製作された不合格品や払い下げ品は赤い塗料などでチェックが入れられた後民間へ払い下げられる。これらの理由からM-65を称するコピーや粗悪な製品も多く出回っており注意が必要である。

軍納入品と民生品との違いは、内側に縫いつけられたラベルを見るとわかる。素材や使用法の他に、コントラクトナンバーと呼ばれる契約ロット番号が記載されている。これによって、発注機関、納入年などが分かるようになっている。近年ではラベルと共にコントラクトナンバーの記載されたバーコードも官給品には添付されている。しかしながらこのラベル自体もそのままコピーされている場合もあり、レプリカか正式な軍納入品かを見分けることが困難な場合もある。

これ以外にファッションだけでなく、野外作業の際にも用いられる事があり、アウトドアスポーツの愛好家やバイクのライダーがM-65を着用している様子がしばしば見受けられる。時にはいまだに非正規軍などにおいて軍用として戦場で着用されることもある。例えばアメリカ同時多発テロ事件を首謀したとされるオサマ・ビンラディンは、犯行声明を収めたビデオの中でウッドランドパターンのモデルを着用していた。この他にも南米、中東、アフリカのテロリストグループなどが着用していた例がある。本来アメリカ軍とは敵対する勢力においても使用されていることは、M-65の頑丈な作りと実用性の高さを証明している。

映像作品におけるM-65[編集]

一覧[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • Alpha Industries(英語) - 納入メーカーによるアパレルブランドの公式サイト
  • Rothco(英語) - 納入メーカーによるアパレルブランドの公式サイト