M395精密誘導迫撃砲弾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

M395(Precision Guided Mortar Munition、略:PGMM)とはAlliant Techsystemsが開発している120mmレーザー誘導迫撃砲弾である。

概要[編集]

砲弾自体には可動部分は無く、誘導装置と一体化されたスラスター・モーターによって制御されている。

スペック[編集]

  • 口径:120 mm
  • 最大射程:15km
  • CEP
    • GPS/INS誘導:118m
    • レーザー誘導:1m

開発計画[編集]

  • 2004年12月 - 2006年1月:Alliant TechsystemsはXM395レーザー誘導迫撃砲弾の開発計画を8000万ドルで締結した。
  • 2006年1月:予備設計図批評(PDR)を完了
  • 2006年2月:Yuma Proving Groundで実施した弾道の飛行試験が成功
  • 2007年2月:2008年度予算で開発費を要求
  • 2007年3月:試験に成功
  • 2011年3月:アフガニスタンに展開中の部隊に対し配備開始。

外部リンク[編集]