M39卵型手榴弾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
M39卵型手榴弾
German grenade m39.JPG
M39卵型手榴弾
種類 手榴弾
原開発国 ドイツ
運用史
配備期間 1940年~1945年
配備先 ドイツ
諸元
重量 230グラム
全長 76mm

弾頭 TNT
炸薬量 50グラム
信管 0~7秒の遅延信管(BZ信管)

M39卵型手榴弾(Eihandgranate 39)は、1939年ドイツで開発された手榴弾である。

概要[編集]

M24型柄付手榴弾の後継として1939年から生産が開始した手榴弾。製造工法には大量生産を考慮して他のドイツ製手榴弾同様プレス加工が用いられ、製造工程が容易な事から、第二次世界大戦中は柄付手榴弾よりも総生産数は多かったとされる。

形状は携帯性を重視したことから、従来の柄付型から卵型に変更され、後期生産型には軍服などに容易に吊るすことが出来る様に、下部に引っ掛け用のリングが装着されていた。炸薬はTNT火薬が用いられ、本体重量はM24に比べて若干軽くなったとされる。

炸薬量・殻厚ともに少なめで軽量な手榴弾である。遠くまで飛ばしやすい反面、有効半径は約10mと殺傷範囲は低かった。この事から後にM39は攻撃型手榴弾に分類されている。

発火方式は「摩擦発火式」が用いられ、信管は柄付型手榴弾と同じく信頼性の高い「BZ信管」と呼ばれる摩擦発火式装置が使用されている。 極寒の東部戦線などの寒冷地でも正常に動作した。

主な使用方法は、手榴弾上部の安全キャップを回して外すと、弾核までつながる紐が現れる。この紐を引き抜くことで内部の導火線部に着火し爆発する仕組みである。 またM39の安全キャップにはそれぞれ爆発までの遅延時間ごとに塗装が施され、青だと通常の4~5秒、黄色だと7秒とされ、赤だと1秒で爆発する。(吸着地雷ブービートラップなどに使用)