M1877 152mmカノン砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
M1877 152mmカノン砲

M1877 6インチカノン砲(ロシア語:6-дюймовая осадная пушка образца 1877 года)とは、1877年ロシア帝国が制式採用した口径152mmのカノン砲である。

この砲は日露戦争第一次世界大戦で使用されたほか、革命後もロシア内戦フィンランド内戦などで使用された。現在、唯一の残存砲がフィンランドのハメーンリンナ砲兵博物館に展示されている。

スペック[編集]

  • 口径:152.4mm
  • 全長:m(牽引時)
  • 全幅:m
  • 重量:5,300kg(射撃時)
  • 砲身長:3,200mm(21口径)
  • 仰俯角:-5°~+45°
  • 左右旋回角:°
  • 運用要員:名
  • 発射速度:発/分(最大)
  • 射程距離:9,300m
  • 生産期間:年~年
  • 生産総数:門

関連項目[編集]