M151

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
M151
M151A2
JeepFrontM151.jpg
とドアを装備したM151A2
JeepRightTopDownM151.jpg
M151A2 TOW対戦車ミサイル搭載車
JEEP M151 TOW Missile.jpg
乗車定員 4名
エンジン 水冷 直4 ガソリン
変速機 4MT×2速副変速機
駆動方式 パートタイム4WD
サスペンション 前:ダブルウィッシュボーン+コイル
後(A2以外):スイングアクスル
+コイル
後(A2のみ):セミトレーリングアーム+コイル
全長 3,370 mm(132,7 inch)
全幅 1,630 mm(64,0 inch)
全高 1,800 mm(71,0 inch)
1,350 mm(53,0 inch減高時)
ホイールベース 2,160 mm(85,0 inch)
車両重量 1066 kg ~
-自動車のスペック表-

M151Military Utility Tactical Truck:MUTTマット)は、フォードモーター社がアメリカ陸軍および海兵隊向けに開発した1/4トン積の軍用車輌である。第二次世界大戦におけるMB/GPWや、戦後のM38/M38A1などの、いわゆるジープの後継となる小型汎用車両で、俗にケネディジープ」と呼ばれている。

概要[編集]

乗員はドライバーを含め4人。ベトナム戦争で実戦投入され、陸軍では1990年代初期まで使用された。後に後継車のハンヴィーに更新されたが、海兵隊ではハンヴィーが大柄でC-130輸送機での輸送と早期展開が困難な事から、現在も使用されている。

車体は、鉄骨はしご型フレームにボディを載せていた旧ジープに対し、ボディーの一部を断面の大きな板ボックスフレームとして一体化した、モノコック構造が導入された[1]。これにより、大幅な低床化、軽量化、構造の簡略化が図れたが、戦場ではスタックした際にフックで牽引すると車体が歪むなどの難点も見られた。またフロントグリルは横スリットになっているが、これは旧ジープの縦スリットデザインが著作権商標登録で保護されていた為である。

モノコックボディーと共に、サスペンションも旧ジープの4輪リーフリジッドから、コイルスプリングを用いた、フロントダブルウィッシュボーン、リアスイングアクスルの4輪独立懸架へと大きく変わった。5 インチ拡大されたホイールベース(2,030 → 2,160 mm、前/後トレッドは1,346/1,340 mm)と相まって、この新しいサスペンションには移動速度の向上と兵員の消耗低減が期待されていたが、特に軽積載かつ高い速度域での旋回時に、イン側リアサスペンションの伸び上がり(ジャッキアップ現象)から横転につながることが判明し、後にセミトレーリングアームへの設計変更を余儀なくされた。一方、前後に長いリーフスプリングを廃したことで、対地障害となる前後のオーバーハングを切り詰める事ができた。

エンジンはオーソドックスな縦置き水冷 直列4気筒 OHV のフォード製ガソリンエンジンで、ボア×ストローク 98.3 × 76.2 mm 排気量 2,319 cc から最高出力71馬力(52kW)/4,000 rpm、最大トルク17.6 kg・m(173 Nm)/1,800 rpm を発揮する。

トランスミッションは前進4速、後退1速のMT、駆動方式は2速の副変速機付きトランスファーを介して後輪駆動四輪駆動を切り替えるパートタイム4WDである。

バリエーション[編集]

M151[編集]

M151

M718[編集]

リアオーバーハングを延長し、担架を収容できる様にした前線の負傷者搬送仕様(救急車)。ベースとなったM151に準じ、無印、A1、A2の各型がある。

M825[編集]

前述のM151A1Cを改称したもの。M40 106mm無反動砲搭載型。

M1051[編集]

海兵隊向けの消防仕様。

MRC108[編集]

マルチバンド通信機を搭載した前線航空管制仕様。

導入国[編集]

M151はアメリカの他、カナダデンマークイスラエルイギリス他多くの国の軍隊で導入された。

払い下げ[編集]

国民税金によって製造される軍用車両は、用途廃止後に競売で民間への払い下げが行われている国が多く、アメリカでもピックアップトラックを初めとした多くのソフトスキン(非装甲車両)が放出されている。しかし、M151は前述の操縦安定性を理由として、問題の無いA2を含め、車両の形での払い下げが全て禁止され、車体は、前後2分割、あるいは十字に切り込みを入れられて4分割に解体された。

現在旧車趣味の世界で流通しているものは、解体を免れて米軍以外から放出された個体か、米国以外の駐留地廃車、解体されたものを溶接し直して復元した個体である。

登場作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ はしご型フレームのサイドメンバーに似た形状のプレス材をフロアパン下面に溶接した様な構造。現在のモノコックボディーを持つSUVクロスオーバーSUVにも同じ手法が用いられている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]