M-15 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
M-15 ベルフェゴル
WSK-Mielec M-15 1.jpg
PZL M15.jpg
概要
用途 農業機
乗員 1名
初飛行 1973-01-09
運用開始 1976年
製造者 PZL
寸法
全長 12.72 m
全幅 22.33 m
全高 5.34 m
翼面積 67.9 m&sup2
重量
空虚 3,270 kg
運用 kg
最大離陸 5,570 kg
動力
エンジン 1x イーフチェンコ AI-25 ジェットエンジン
出力 14.7 kN
性能(目安)
最大速度 200 km/h
巡航速度 km/h
航続距離 480 km
最大運用高度 4,500 m
上昇率 270 m/min
翼面荷重 48kg/m2
装備
農薬タンク 2900L

M-15 ベルフェゴルポーランド語:M-15 Belphegorエム・ピェントナーシチェ・ベルフェーゴル)は、ポーランドで開発された農業飛行機である。極めて珍しい複葉ジェット機である。

概要[編集]

ソビエトコルホーズソフホーズなどの大面積の農場で用いられる農業用飛行機として、ポーランドのWSKミェレツ社で設計された。ウクライナで開発され、PZLでライセンス生産されてソ連にも輸出されていたAn-2Rの後継機として企画された。

低速の農業用複葉機にジェットエンジンを適用するための実験機として、Lala-1が1972年に試作された。原型機は1973年に初飛行し、1976年から量産が開始され、その年のパリ航空ショーに出展され、そこでその奇妙な形状からベルフェゴル悪魔の名)というあだ名がつけられた。

ジェットエンジン機は経済性に劣るため、1981年までに120機の生産にとどまった。