Mペサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Mペサ(M-Pesa)は、ケニヤの通信会社Safaricomと、南アフリカ共和国ボーダコムによる、携帯電話を利用した非接触型決済送金マイクロファイナンスなどを提供するサービス。

概要[編集]

2007年4月にケニヤの学生によりソフトウェアの開発が開始され、その後Safaricomが携帯電話を使用した新しい決済サービスおよび送金サービスを開始した。ユーザーは正規M-PESA取次店にアカウントを開いてお金をデポジットとして預け、携帯電話のSMSを利用してメッセージとして送金することができる。送金を受けた側は、 Safaricom取次店でお金を受け取ることができる。サービスの料金は、他の送金サービスに比べ安く、少額を頻繁に送金できる料金設定になっている[1]

2010年南アフリカのVodacomがモバイル・マネー「Mペサ(M-PESA)」を開始すると報道される。ローカル金融グループであるNedbankと提携して事業を進める[1]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]