M&M's

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
M&M's

M&M'S(エムアンドエムズ)は、マースが販売しているアメリカ合衆国チョコレートブランドの一つ。日本ではマース ジャパンが販売。

特徴としてチョコレートが砂糖菓子でコーティングされ、その上から様々な色で着色され、「m」の白文字が刻印されている。砂糖菓子でチョコレートがコーティングされているのは、夏場などにチョコレートが溶けたり、脂肪分が白く表出するブルーム現象がおきやすい時期にも、手にべたつかず食べられるようにしたためである。様々な派生商品が発売されている。

沿革[編集]

M&M'S チョコレートが含まれるMREパッケージ内容物

M&M'Sが開発されたきっかけは、アメリカ陸軍の兵士たちの要望によるものだった。南太平洋に展開していた陸軍部隊を監察官が視察した際、兵士が「口の中で溶けて、手に溶けないチョコレートを開発してくれ。単純で当たり前のことだろう」と嘆願した。当時軍が支給する食料に含まれていたチョコレートは南太平洋の暑さですぐに溶けてしまい、甘いものを楽しみにしている兵士達をがっかりさせていた。そこで試行錯誤を重ねて開発されたのがM&M'Sだった。

元々は、スペイン内戦の折に現地を訪れたフォレスト・マースが、兵士たちが砂糖でコートされたチョコレートで口を楽しませていたのを見たことに着想を得たものだが、1940年の帰国後に彼の友人であるブルース・ムリーと共同で米ニュージャージー州に工場を設置、二人の苗字の頭文字である「M」をつなげて「M&M'S」(マース&ムリーズ)を商標として翌1941年より製造を開始している。

太平洋戦争が始まると、陸軍は紙筒にM&M'Sを詰めたものを補給品目に加え、海軍もこれに従った。現在もM&M'Sは軍の補給物資の一つとして扱われており、現行アメリカ軍レーションであるMRE中にもこれが含まれるパッケージも見られる。後には宇宙食として宇宙飛行士にも支給され、1981年のスペースシャトル初打ち上げミッション(STS-1)の際にも積み込まれた。

キャッチフレーズ「お口でとろけて、手にとけない」は日本でも有名。

製品一覧[編集]

M&M'Sの主な製品は下記の通り。

  • M&M'S ミルクチョコレート(Milk Chocolate):1940年に発売されたオリジナル。茶色の袋。
  • M&M'S ピーナッツ(Peanut):ピーナッツが中に入った少し大きめの粒。1954年に発売された当時はすべて茶色の粒だったが、1960年よりカラーのものが発売。黄色の袋。
  • M&M'S ダークチョコレート(Dark Chocolate):2006年に発売された。紫色の袋。
  • M&M'S ダークチョコレート・ピーナッツ(Dark Chocolate Peanut):2007年に発売された。黄色と紫色のツートン色の袋。
  • M&M'S アーモンド・チョコレート(Almond Chocolate):もともとクリスマスイースターのシーズン商品として1988年に発売されたが、1992年に年中販売されるようになった。薄い橙色の袋。
  • M&M'S クリスピー(Crispy):1998年クリスマス休暇(12月)の時期に発売。ライスパフが入った食べ応えのある粒。水色の袋。


キャラクター[編集]

M&M'sのパッケージにも描かれる特徴的なキャラクターは、"スポークスキャンディ"と呼ばれている。 1954年に最初のレッドとイエロー誕生し、同年にテレビコマーシャルに登場してデビューしている[1]。 広告における彼らは、青のM&M'sの登場と同時期に、コンピューターグラフィックスに切り替わった。

これらのスポークスキャンディーのチームは、その色ごとに異なったキャラクターが与えられている。ミルクチョコレートM&M'sのマスコットで皮肉屋のレッド。ピーナッツM&M'sの幸福かつ間抜けなマスコットのイエロー。これが最初に登場したキャラクターである。 その後に加わったものとして、アーモンドM&M'sのマスコットの冷静なブルー。ダークチョコレートM&M'sのマスコットの魅惑的なグリーン。クリスピーM&M'sのマスコットのややノイローゼ気味のオレンジ。
その他にも何色かのキャラクターがいたが、これらは登場から比較的短期間で姿を消した。

これらスポークスキャンディ中における女性のキャラクターは、長らく、緑が唯一の存在であったが(初登場の1995年から2012年まで)、第46回スーパーボウル中における広告で新たに、事務的な女性の、チーフチョコレートオフィサーのブラウンが加わった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ http://www.m-ms.jp/history/timeline.html