lzop

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
lzop
作者 Markus Franz Xaver Johannes Oberhumer
最新版 1.03 / 2010年11月1日(3年前) (2010-11-01
プログラミング言語 C言語
対応OS クロスプラットフォーム
種別 データ圧縮
ライセンス GPL
公式サイト www.lzop.org
テンプレートを表示

lzop は、LZOアルゴリズムを用いたデータ圧縮ツール。フリーソフトウェアで、ライセンスはGPL。

高速な圧縮・展開動作を主目的に開発されており、圧縮率はgzipよりもやや劣るが、CPUへの負荷は10分の1以下である。 多くのベンチマークテストにおいて、lzopは動作の早さにおいてトップクラスに位置する。[1]

使用方法はgzipとほぼ同様であり、ファイルアーカイバの機能は持たないが、単純なファイル圧縮に限らず標準入出力を通して多様な方法で使用できる。 圧縮ファイルは、拡張子として.lzoを付加する。

バージョン1.21以降のGNU tarでは、--lzopオプションにてlzop形式をサポートする。この場合、拡張子は.tar.lzoの他、.tzoでも良いとされる。

脚注[編集]