Love Train/We love the EARTH

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Love Train/We love the EARTH
TMNシングル
収録アルバム EXPO
リリース 1991年5月22日
規格 8センチCD
ジャンル ロック
レーベル エピックソニーレコード
作詞・作曲 作詞・作曲:小室哲哉
プロデュース 小室哲哉
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1991年度年間17位(オリコン)
TMN シングル 年表
RHYTHM RED BEAT BLACK (Version 2.0)
(1991年)
Love Train/We love the EARTH
(1991年)
WILD HEAVEN
(1991年)
テンプレートを表示

Love TrainWe love the EARTH(ラヴ トレイン/ウィ・ラブ・ジ・アース)は、TMNの25枚目のシングルで、タイトル通り両A面となっている。

内容[編集]

EXPO』への架け橋となったシングル。『RHYTHM RED』のハードロック路線から、TM時代への回帰ともいえる覚えやすくポップな曲で、オリコン最高順位1位を記録し、TM NETWORK時代を通じ、最高の売り上げを記録したシングルである(50万枚)。「Love Train」はカメリアダイアモンドCMソング~RED ROCK編~として、「We love the EARTH」はカメリアダイアモンドCMソング ~勇気の川編~として、「Love Train」に先行してオンエアされていた。

「Love Train」は小室がカラオケを初めて意識して作った曲とコメントしており、タイトルは「デイ・トリッパー」→トリップ→乗り物の名前という流れで思いついたと小室はインタビューに答え、「連想ゲームのように出てきた」としている。

なお「Love Train」は『RHYTHM RED』ツアーの終了直後にレコーディングされている。そのためかジャケットに写っている3人の衣装はRHYTHM REDライヴツアー時に使用されていたものと同じである(上は黒、下は赤)。

「We love the EARTH」はツアー中にサビ部分だけがCM用に作られ、その後フルコーラスが作られた。 当時のTMNのレギュラーラジオ番組「Sounds with COKE TMN Rock'n Up」の最終回にて、その時点ではリリースのアナウンスがされていない状態だった本曲がフルで流されている。 また、2007年にはSweet Vacationが、「We love the EARTH」をカバーしている。

収録曲[編集]

  1. Love Train
  2. We love the EARTH
    • 作詞・作曲・編曲:小室哲哉