LoiLo

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社 LoiLo
LoiLo Inc.
本社所在地 231-0006
神奈川県横浜市中区馬車道南仲通4-43 大津ビル403号
設立 2007年4月
業種 情報・通信業
事業内容 次世代ソフトウェア開発事業
代表者 杉山浩二、杉山竜太郎
資本金 10,999万円
外部リンク [1](日本語)
[2] (英語)
テンプレートを表示

株式会社LoiLo (LoiLo inc.)は、日本のソフトウェア開発会社。

現在は世界のコンシューマ市場へ向けた動画編集ソフト「ロイロスコープ」、画面に触って動画編集できるソフト「ロイロタッチ」と教育機関向けNHKエデュケーショナル監修の動画編集ソフトの「ロイロエデュケーション」の開発販売を行っている。

会社概要[編集]

経済産業庁傘下の情報処理推進機構が2007年度実施の「未踏ソフトウェア創造事業」に「ノンレンダリング動画編集ソフト」開発が採択されたことがきっかけで、当時ナムコでゲームプログラマをしていた杉山浩二とSEGA にてデザイナをしていた杉山竜太郎にて設立される。


沿革[編集]

  • 2007年04月 株式会社LoiLo設立
  • 2007年12月 アニメ業界用プラグインソフトウエア "Smooth"発売
  • 2008年08月 LoiLoScope発表
  • 2008年10月 Super LoiLoScope ダウンロード販売開始
  • 2008年11月 NHKエデュケーショナルと共同で開発した子供向け"そうぞうえでぃたー"を開発
  • 2008年12月 AMD社,NVIDIA社グラフィックボードへバンドル開始
  • 2009年08月 USシリコンバレーオフィス開設
  • 2009年09月 三菱UFJキャピタルから増資を受ける。
  • 2010年04月 教育機関向け動画編集ソフト、ロイロエデュケーション発売
  • 2010年08月 VictorビデオカメラPICSIOに、LoiLoScope EXをバンドル開始
  • 2010年11月 NGIキャピタルから増資を受ける。
  • 2011年07月 LoiLoScope2発売

製品の特長[編集]

並列処理を利用してレンダリングを高速化し、編集中の待ち時間をなくすことに成功したテクノロジで動画の再生、編集、合成ができる動画編集ソフトである。AVCHD等の高解像度の動画ファイルも、安価なPCでネイティブ編集ができるようになっている。インタフェースも既存のソフトウエアになかったズーミング操作で直観的に操作ができる。

おもな製品[編集]

  • ロイロスコープ
GPUベース動画編集ソフト。AVCHDMP4などのh.264形式の動画編集を得意とし、Intel Quick Sync Video EncodingやNVIDIA CUDA Encodingを使った書き出しや、FacebookYouTubeへの一括アップロード、パスワード付きのプライベート動画をメールで送る機能等を備えている。
  • ロイロタッチ
Windows7のランチとともに発売された、ロイロスコープの分岐製品。タッチしやすいようにボタンやインターフェースが大きく表示されている。マルチタッチモニタと合わせて使うことで、画面に触って動画編集ができる。
  • ロイロエデュケーション
NHKエデュケーショナルの監修の元で開発された教育機関向け動画編集ソフト。ロイロスコープベースであるがWebアップロード系の機能は削除されている。複数の生徒が一度に同じファイル名で上書きをしないように名前を入力できるような工夫がされている。先生などの管理者が編集環境をコントロールし一斉授業用に「集中管理ツール」が用意されている。

 受賞歴 [編集]

  • 2007年09月 マイクロソフト イノベーションアワード優秀賞受賞
  • 2007年11月 神奈川ビジネスオーディション u-kanagawa賞受賞
  • 2009年05月 経済産業省 情報処理推進機構(IPA) 未踏クリエータビジネスプランコンテストグランプリ受賞
  • 2009年10月 Super LoiloScopeが2009年度 グッドデザイン賞 中小企業庁長官賞を受賞

 

外部リンク[編集]