libpng License

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
libpng License
作者 グレン・ランダース=パーソン(Glenn Randers-Pehrson)
バージョン なし
公開元 作者に同じ
リリース日 2000年
DFSGとの適合性 Yes
フリーソフトウェア Yes
OSIの承認 Yes
GPLとの適合性 Yes
コピーレフト No
異種ライセンスコード
からのリンク
Yes

libpng License(libpngライセンス)は、libpngライブラリの頒布条件として定義された緩やかなフリーソフトウェアライセンス英語版である[1]

起源と歴史[編集]

libpng Licenseは1996年zlib Licenseより派生したライセンスである。しかし、zlib License自体とは異なるにも関わらず少なくともzlib Licenseやzlib/libpng Licenseなるものを含む様々なライセンスと実質的に同一視されている。

Open Source Initiative(OSI)のようなオープンソースフリーソフトウェアライセンスの標準化団体は現在、"zlib/libpng License"としている[2]

libpng Licenseは、zlib Licenseと比較して、統一コンピュータ情報取引法英語版(Uniform Computer Information Transactions Act, UCITA)との互換性を図る条項のみが加えられており、この点ではっきりと異なっている。この条項は、開発者が在住しているアメリカ合衆国メリーランド州にてUCITAが施行された2000年ごろに加えられている[3]

こののちにOSIによりオープンソースライセンスとしての承認を受けているが、このライセンスに対する2011年現在のOSIの認識について、疑問の声があがっている[4][5]

脚注[編集]

詳しくは、libpng及び本ライセンスの原著作者の一人で現在のメンテナである、グレン・ランダース=パーソン(Glenn Randers-Pehrson)の以下の発言を見よ。

  1. ^ Glenn Randers-Pehrson (2011年1月3日). “libpng Copyright Notice, Disclaimer, and Licence”. 2011年2月15日閲覧。
  2. ^ png-mng-implement mail archives; message on license name history.
  3. ^ png-mng-implement mail archives; message about addition of the UCITA clause.
  4. ^ png-mng-implement mail archives; message on UCITA
  5. ^ png-mng-implement mail archives; subsequent message on UCITA

外部リンク[編集]