libpng

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
libpng
開発元 ガイ・エリック・シュアルナ (Guy Eric Schalnat)
アンドレアス・ディルガー(Andreas Dilger)
グレン・ランダース=パーソン(Glenn Randers-Pehrson) ら
最新版 1.6.9 / 2014年02月6日(41日前) (2014-02-06
プログラミング言語 C言語
対応OS クロスプラットフォーム
サポート状況 開発継続中
種別 グラフィックライブラリ
ライセンス libpng License
公式サイト http://www.libpng.org/pub/png/libpng.html
テンプレートを表示

libpngは画像データの形式の一つであるPNGのエンコード・デコードを行うライブラリであり、PNG の国際標準 (ISO/IEC 15948:2004) のリファレンス実装である(オリジナルにはpnglibと呼ばれる)。C言語で作成されており、クロスプラットフォームである。16年以上広く使われている実績がある[1]。PNGの仕様のほとんどをサポートしており、多くのソフトウェアで採用されている。

概要[編集]

libpngは、ガイ・エリック・シュアルナ (Guy Eric Schalnat)、アンドレアス・ディルガー (Andreas Dilger)、グレン・ランダース=パーソン (Glenn Randers-Pehrson)らによって開発された。ライセンスはGPLよりも制限の緩いlibpng Licenseを採用している。

libpng自身はC言語で記述されており、WindowsLinuxUNIXMac OSMS-DOS等、様々な環境で動作する。x86系CPUにおいては、一部の処理にMMXを利用する事も出来る[2]

動作にはzlibが必要で、圧縮・伸張の処理はzlib側に任せる設計になっている。

脚注[編集]

  1. ^ libpng Home Page”. www.libpng.org. 2012年2月7日閲覧。
  2. ^ News and History of the PNG Development Group from 1999”. www.libpng.org. 2011年2月15日閲覧。 “15 October 1999 - libpng 1.0.5 is released. This version adds x86/MMX assembler code that improves decoding performance considerably...”

関連項目[編集]

外部リンク[編集]