LUSAC-11

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
LUSAC-11

LUSAC-11 (Lepere United States Army Combat)は、第一次世界大戦中にアメリカ合衆国で開発された2座席の戦闘機である。戦争が終わるまでに30機が完成したが、戦場で使用されることはなかった。実験用に用いられターボチャージャーをつけたエンジンをつけて1920年代に高度飛行の記録をつくった。

第一次世界大戦中にアメリカが参戦した時に、アメリカ陸軍は信号隊が55機の航空機を保有していたが実線機ではなかった,[1] 。アメリカから派遣された部隊はフランス製の機体で戦った。フランスの設計による航空機をアメリカで生産する計画の1つとしてLUSAC-11は開発されることになった。

アメリカに派遣されたフランスの航空代表団の一員のジョルジュ・ルペル(Georges Lepere)が設計した。2張間の複葉機で上下翼の翼幅は同一で、上翼が下翼より前方に配置された。胴体は木製構造に合板張りの機体であった。425 hpのリバティL-12水冷エンジンを搭載した。7.7mmの2丁の前方機銃と2丁の後方機銃が装備された。

パッカード社などに3,525機の発注がなされ、最初の機体は1918年5月15日にオハイオ州のマクック飛行場で初飛行した。燃料供給のトラブルで不時着したが、速度は219 km/hに達し満足できるものであった。第一次世界大戦が終了するまでに2機の試作機と25機の量産機が完成していたが、残りの量産契約はキャンセルされた。2機が終戦前に評価用に陸軍に引き渡されたが、第一線の用途には適さないとされた。1919年8月にはフランスのブガッティ 16エンジンを装備したLUSAC-21が追加されたのを初め、少数の三葉機型、観測機型などが製作された。

軍用としては使用されることはなく、ヨーロッパのアメリカ軍の代表団の連絡用に用いられ、国内では技術研究用に用いられた。ターボチャージャーを装備して1920年2月27日にルドルフ・シュレーダーの操縦で、高度記録に挑戦した。酸素供給装置が飛行中に故障し、シュレーダーは気を失うが、墜落直前に回復した。この飛行で10,099 mの世界記録を樹立した.[2][3][4] 。9月28日にはジョン・マクレディの操縦で、記録は10,518 mに更新された。マクレディはマッケイ・トロフィーを受賞しこの記録は2年間破られなかった。

要目[編集]

  • 乗員:2名
  • 全長:7.69 m
  • 全幅:12.67 m
  • 全高:3.22 m
  • 翼面積:68.60 m2
  • 空虚重量:1,162 kg
  • 最大離陸重量:1,669 kg
  • エンジン:Liberty L-12 317 kW (425 hp)
  • 最高速度:214 km/h
  • 巡航速度:188 km/h
  • 航続距離:515 km
  • 最高到達高度:6,157 m

脚注[編集]

  1. ^ Fitzsimons 1978, p.1782.
  2. ^ Owers 1993, p. 51.
  3. ^ Flight 4 March 1920, p. 265.
  4. ^ Flight 16 December 1920, p. 1274.