LOST (第6シーズン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
LOST > LOST (第6シーズン)
『LOST』 第6シーズン
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
話数 18
放送
放送局 ABC
放送期間 2010年2月2日 (2010-2-2) – 2010年5月23日 (2010-5-23)
ソフトウェア
DVD発売
リージョン1 2010年8月24日 (2010-8-24)
リージョン2 2010年9月13日 (2010-9-13)
リージョン4 2010年10月20日 (2010-10-20)
Blu-ray Disc発売
リージョンA 2010年8月24日 (2010-8-24)
リージョンB 2010年9月13日 (2010-9-13)
シーズン年表
← 前シーズン
第5シーズン
次シーズン →
『LOST』のエピソード一覧

テレビドラマシリーズ『LOST』の最終第6シーズンは、アメリカ合衆国及びカナダでは2010年2月2日に放送が始まった[1]。シリーズのシーズン初回の視聴者数は第2シーズン以降下落し続けていたが、今シーズンは初めて上昇して1210万人を獲得した[2]。シーズンは2月2日から5月18日までは火曜の9時に放送された。最終回は5月23日の日曜に放送された[3]。最終回は午後9時より2時間30分放送され、その後30分のローカルニュース枠の後の午後12時5分からはスペシャル番組『Jimmy Kimmel Live: Aloha to Lost』が放送された[4]。シーズンでは引き続いて2004年9月22日に南太平洋上の謎の島に墜落したオーシャニック航空815便の生存者を中心に展開し、1970年代に水素爆弾を爆発させた直後より2つの物語が始まる。1つの物語は引き続いて島で展開され、もう片方は815便が墜落しなかった世界「フラッシュ・サイドウェイ」として描かれる[5]。シーズンのDVD及びBlu-rayセットはシリーズのコンプリートボックスと同時の2010年8月24日に発売された[6]

製作[編集]

2007年5月7日、ABCエンターテインメント社長のスティーヴン・マクファーソンは、『LOST』は2009年-2010年のテレビシーズン英語版中に「待望で衝撃的なフィナーレ」で終了すると発表した[7]。マクファーソンは「我々は『LOST』が適切で創造的な結論を得るための唯一の方法だと感じた」と述べた[7]2007年-2008年のテレビシーズン英語版開始時点で、シリーズは残り3シーズンで48話が放送され、各シーズンは16話ずつとなる予定であった。しかしながら2007年-2008年全米脚本家組合ストライキの影響により、第4シーズンは14話に短縮され、第5シーズン及び第6シーズンは17話ずつとなった[8]。だが2009年6月29日、最終シーズンはさらに1時間追加されて計18話となることが発表された[9]

2009年のコミコン・インターナショナルの際には第6シーズンに関する多くの情報が出された。カールトン・キューズは第6シーズンではタイムトラベルもフラッシュフォワードも無くなり、違う何かへと移ると述べた[10]。ジョシュ・ホロウェイは、ソーヤーはジュリエットを失ったあとに昔の自分へと戻るだろうと述べた[10]。キューズとリンデロフは、ダーマ・イニシアティブは番組で最早重要な役割を果たさないが[11]、「ダーマ・ミシガン・コネクション」が第6シーズンで重要になると述べた。しかしながら結局これは実現しなかった[12]

リンデロフはまたフラッシュ・サイドウェイが重要であることを強調し、「人々は(これらは)必要のない物語だと言い、我々全員は『LOST』を語る上で100%必要だと言え、うまくいけばシーズンの終わりまでに明確となる」と述べた[13]。また彼は「オルタネイト・リアリティ」ではなく「フラッシュ・サイドウェイ」という用語を用いた理由について、視聴者が「片方が現実でもう片方が非現実」と推測させないためだと述べた[14]。最後の3話について説明する際、彼は「Water」と述べた[15]

2010年シーズンの30秒あたりのコマーシャル料は平均21万4000ドルであったが、ABCは最終回には90万ドルの値をつけた[16]

キャスト[編集]

第6シーズンのメインキャストは15人であり、そのうち11人が第5シーズンからの継続[1]、1人が第4シーズン以来の復帰、残り3人が新規のレギュラーである。第6シーズンでは新たに「フラッシュ・サイドウェイ」と呼ばれる別世界を描いたストーリーラインが導入され、ほとんど全ての主要キャラクターは、「オリジナル」と「フラッシュ・サイドウェイ」の両方のストーリーに登場する。第5シーズンから引き続いて登場するメインキャラクターは、墜落事故生存者グループのリーダーのジャック・シェパードマシュー・フォックス)、元逃亡者のケイト・オースティン英語版エヴァンジェリン・リリー)、億万長者のヒューゴ・"ハーリー"・レイエス英語版ホルヘ・ガルシア)、元拷問兵のサイード・ジャラー英語版ナヴィーン・アンドリュース)、詐欺師のジェームズ・"ソーヤー"・フォード英語版ジョシュ・ホロウェイ)、霊媒師マイルズ・ストローメ英語版ケン・レオン)、元制裁人のジンスー・クォン英語版ダニエル・デイ・キム)、その妻で令嬢のサンファ・クォン英語版キム・ユンジン)、島の原住民グループ「他のものたち英語版」の元リーダーのベン・ライナス英語版マイケル・エマーソン)、サイドウェイの世界では生存しているがオリジナル世界では死亡し、黒服の男に成り代わられたジョン・ロック英語版[17]テリー・オクィン)、元は漂流者で今シーズン開始時点では唯一島外に居るデズモンド・ヒューム英語版ヘンリー・イアン・キュージック)である。エミリー・デ・レイヴィンは第4シーズンで島内で行方不明となり、第5シーズンには登場しなかったシングルマザーのクレア・リトルトン英語版を再び演じた[18][19]。新しくメインキャラクターとなるのはパイロットのフランク・ラピーダス英語版ジェフ・フェイヒー)、他のものたちの有力者で不老不死のリチャード・アルパート英語版ネスター・カーボネル)、316便生存者のリーダーのイラーナ・ベルダンスキー英語版ズレイカ・ロビンソン)である。カーボネルは前3シーズンでゲスト出演した後、2009年のコミコンでエグゼクティブ・プロデューサーたちによりメインキャスト昇格が発表された[20]。フェイヒーとロビンソンもまた前シーズンのリカーリングキャストであった。

最終シーズンでは多数の元メインキャストがゲスト出演した。エリザベス・ミッチェルは不妊治療医のジュリエット・バーク英語版[21]ドミニク・モナハンはロックスターのチャーリー・ペース英語版[22][23]ジェレミー・デイビスは物理学者のダニエル・ファラデー英語版を演じた[10]イアン・サマーホルダーは815便生存者のブーン・カーライル英語版[24]レベッカ・メイダーは人類学者のシャーロット・ルイス英語版を演じた[25]ハロルド・ペリノーシンシア・ワトロスはシーズン後半でそれぞれマイケル・ドーソン英語版リビー・スミス英語版を再演した[26]。リビーの復帰についてキューズは「最後にあなたたちの(リビーについての)疑問に全て答えられるだろう」と述べたが、リンデロフは冗談交じりに「いいえ、それはしないだろう」と答えた[27]第2シーズンのメインキャストだったミシェル・ロドリゲスは第5シーズンのカメオ出演に続き、今シーズンでも警官のアナ・ルシア・コルテス英語版役でゲスト出演する[28]。ブーンの義妹のシャノン・ラザフォード英語版役のマギー・グレイスはシーズン序盤より出演すると言われていたが、グレースのスケジュールの都合のため実現せず[29]、彼女は後半の1話のみに出演した[30]ミスター・エコー英語版役のアドウェール・アキノエ=アグバエの復帰交渉もされていたが[31][32]、出演料の折り合いがつかずに決裂した[15]。さらに製作者たちはウォルト・ロイド英語版を再登場させようと考えたが、ウォルト役のマルコム・デヴィッド・ケリーが歳を取りすぎており、製作側がこの問題を解決できなかったために実現できなかった[23]。ケリーは最終的にシリーズのエピローグ「新しい責任者英語版」に出演した[33]

最終シーズンではこれまでのリカーリングキャラクターが多数再登場する。ジャックとクレアの実父のクリスチャン・シェパード英語版ジョン・テリー英語版)、大富豪で元他のもののチャールズ・ウィドモア英語版アラン・デイル)、その娘でデズモンドの妻のペニー・ウィドモア英語版ソーニャ・ヴァルゲル)、元他のものでファラデーの母のエロイーズ・ホーキング(フィオヌラ・フラナガン)、ロックの元恋人のヘレン・ノーウッド(ケイティ・セイガル英語版)、ハーリーの元上司のランディ・ネーションズ(ビリー・レイ・ギャリオン英語版)、謎の316便乗客のブラム(ブラッド・ウィリアム・ヘンケ)、サイードの妻のナディア(アンドレア・ガブリエル)フランス人女性のダニエル・ルソー英語版ミラ・ファーラン)、科学教師のレスリー・アルツト(ダニエル・ローバック)、隻眼の他のもののミハイル・バクーニン(アンドリュー・ディヴォフ)、他のものの医者のイーサン・ロム英語版ウィリアム・メイポーザー)、ベン・ライナスの父のロジャー(ジョン・グリース)、傭兵のマーティン・キーミー英語版ケヴィン・デュランド)とオマール(アンソニー・アジジ英語版)、815便墜落後も島で生き延びている犬のヴィンセントが再登場する[34][35][36][37][38][39][40]。さらに815便機長のセス・ノリス役でグレッグ・グランバーグがシーズン初回で声の出演を果たしている[41]。第5シーズン最終回で初めて姿を見せた島の責任者のジェイコブ英語版役のマーク・ペルグリノ[42]、その敵対者で「黒服の男」と呼ばれる人物役のタイタス・ウェリヴァーもそれぞれ再出演する[43]L・スコット・コードウェル英語版サム・アンダーソンローズとバーナード・ナドラー夫妻英語版役、キンバリー・ジョセフ英語版は815便のスチュワーデスで他のものたちの仲間となったシンディ役を再び務めた。第4シーズンで数話登場した通信員のジョージ・ミンコフスキー役のフィッシャー・スティーヴンスは第11話で登場する。ケヴィン・タイ英語版はロックの父のアンソニー・クーパーを再演した。他に脇役ではリン・カルノフ(スザンヌ・クラル英語版)とダグラス・ブルックス医師(ブルース・デイヴィソン)が再登場する。

第6シーズンでは新しいリカーリングキャラクターも登場する。『デッドウッド 〜銃とSEXとワイルドタウン』の俳優であるジョン・ホークスはレノン[44]、日本の俳優の真田広之は道厳を演じ[45]、どちらもテンプルに住む他のものたちである[46]。またウィリアム・アザートンはベンが働く学校の校長役でゲスト出演した[47]シーラ・ケリー英語版が演じるキャラクターは当初「ケンドール」と説明されていたが、後に「ゾーイ」であることが判明した[48][49][50]。ケリーは第8話「偵察」以降の計5話に出演した[51]

評価[編集]

アメリカ合衆国ではシーズン初回は1200万人[52]、シリーズ最終回は1350万人の視聴者を獲得した[53]

第62回プライムタイム・エミー賞ではドラマシリーズ作品賞を含む12ノミネートを獲得した。最終回「終幕」により、カールトン・キューズデイモン・リンデロフはドラマシリーズ脚本賞、ジャック・ベンダーはドラマシリーズ監督賞にノミネートされた。マシュー・フォックスはドラマシリーズ主演男優賞、マイケル・エマーソンテリー・オクィンはドラマシリーズ助演男優賞、エリザベス・ミッチェルはドラマシリーズゲスト女優賞にノミネートされた。「長く仕えし者英語版」はシングルカメラシリーズ美術監督賞にノミネートされた。他に「終幕」によりシリーズ作曲賞(マイケル・ジアッキーノ)、シリーズ音響編集賞、1時間コメディ・ドラマシリーズ音響賞にノミネートされた。唯一受賞を果たしはドラマシリーズシングルカメラ作品編集賞であり、「終幕」に対して贈られた[54]

エピソード[編集]

シーズンは2010年2月2日に2時間枠で初回2話が放送された。その前には1時間の総集編「Lost: Final Chapter」が放送された[1]。シーズンは2月9日以降は火曜午後9時台で続き、16回の放送で計18話が放送された。シリーズ最終回は2時間30分枠で2010年5月23日の日曜に放送された[3][55]。その前には1時間の総集編「Lost: The Final Journey」が放送された。またシーズン初回の前半1時間は2010年1月30日にワイキキでファン向けに上映された[56]

注釈

  • № - シリーズ通算話数
  • # - シーズン話数
  • 特集キャラクター - フラッシュ・サイドウェイなどで描かれたキャラクター
# タイトル 監督 脚本 特集
キャラクター
放送日 合衆国
視聴者数
(百万人)
104/105 1/2 "LA X / テンプル"
"LA X"
ジャック・ベンダー デイモン・リンデロフ & カールトン・キューズ 多数 2010年2月2日 (2010-2-2) 12.09[52]
水素爆弾の爆発直後から2つの世界が描かれる。815便がLAXに無事に到着した世界を描く「フラッシュ・サイドウェイ」では、ケイトは保安官から逃亡し、一方ジャックは父の遺体が行方不明になっていることを知る。オリジナルの世界では、ジャックたちはジェイコブが殺された次の日まで時間移動する。ジュリエットは死亡するが、サイードは他のものたちが住むテンプルまで運ばれ、復活する。ベンにジェイコブを殺させたロックの正体は「煙のモンスター」と呼ばれていた黒服の男が化けていた姿であることが明かされ、316便でやって来たイラーナの仲間たち数人を殺す。 
106 3 "彼女の心情"
"What Kate Does"
ポール・エドワーズ エドワード・キッツィス & アダム・ホロウィッツ ケイト英語版 2010年2月9日 (2010-2-9) 11.05[57]
ソーヤーはテンプルから逃げ出し、ケイトとジンは彼を連れ戻すために出発する。一方、他のものたちはサイードが感染していると判断し、毒殺しようとする。フラッシュ・サイドウェイでは、ケイトが逃走中に出会った妊婦のクレアを病院に連れて行く。 
107 4 "代理"
"The Substitute"
タッカー・ゲイツ エリザベス・サーノフ & メリンダ・スー・テイラー ロック英語版 2010年2月16日 (2010-2-16) 9.82[58]
島では即席でロックの葬式が行われ、一方で黒服の男は島を脱出する試みのためにソーヤーを引き入れようとする。フラッシュ・サイドウェイでは、ロックは仕事をクビになり、代理教師となる。 
108 5 "灯台"
"Lighthouse"
ジャック・ベンダー カールトン・キューズ & デイモン・リンデロフ ジャック 2010年2月23日 (2010-2-23) 9.95[59]
ジェイコブの命令で、ハーリーはジャックを灯台に連れて行く。一方、クレアは負傷したジンを治療しつつ、獲得した他のものを尋問する。フラッシュ・サイドウェイでは、離婚したジャックが息子デヴィッドとの仲を取り戻そうとする。 
109 6 "日没"
"Sundown"
ボビー・ロス英語版 ポール・ズビゼウスキー & グラハム・ローランド サイード英語版 2010年3月2日 (2010-3-2) 9.29[60]
黒服の男は自分について行くか死ぬかという最後通牒をサイードから他のものたちに伝えさせる。一方で、ケイトはクレアと再会する。フラッシュ・サイドウェイでは、サイードは高利貸しから借金した兄を助ける。 
110 7 "ライナス博士"
"Dr. Linus"
マリオ・ヴァン・ピーブルズ エドワード・キッツィス & アダム・ホロウィッツ ベン英語版 2010年3月9日 (2010-3-9) 9.49[61]
イラーナはベンがジェイコブを殺したと知り、彼女は彼を殺そうとする。一方、ジャック、ハーリーと死にたがっているリチャードはブラック・ロック号を訪れる。フラッシュ・サイドウェイでは、高校教師のベンが学校を改革するために校長の座を狙う。 
111 8 "偵察"
"Recon"
ジャック・ベンダー エリザベス・サーノフ & ジム・ガラッソ ソーヤー英語版 2010年3月16日 (2010-3-16) 8.87[62]
黒服の男はソーヤーをハイドラ島に偵察のために送り出し、そこで彼はチャールズ・ウィドモアが部下を連れて島に戻ってきたことを知る。 フラッシュ・サイドウェイでは、ソーヤーはまだ本物の「ソーヤー」を捜す孤独な警官である。 
112 9 "長く仕えし者"
"Ab Aeterno"
タッカー・ゲイツ メリンダ・スー・テイラー & グレゴリー・ネーションズ リチャード英語版 2010年3月23日 (2010-3-23) 9.31[63]
このエピソードではリチャード・アルパートのバックストーリーが描かれる。1867年にリチャードは奴隷としてブラック・ロック号に乗って島を訪れる。彼はジェイコブとの契約で不老不死となる代わりに彼の仲介人となる。現代では、リチャードは黒服の男が島を離れるのを止めるように説得される。 
113 10 "パッケージ"
"The Package"
ポール・エドワーズ ポール・ズビゼウスキー & グラハム・ローランド サン英語版
& ジン英語版
2010年3月30日 (2010-3-30) 10.13[64]
ジンはウィドモアのチームに誘拐されてハイドラ島に運ばれ、一方黒服の男はウィドモアに会う。本島では、サンは英語を話せなくなる。フラッシュ・サイドウェイでは、サンとジンは、サンの父の仕事を達成できなかったために拉致される。 
114 11 "目覚めの時"
"Happily Ever After"
ジャック・ベンダー カールトン・キューズ & デイモン・リンデロフ デズモンド英語版 2010年4月6日 (2010-4-6) 9.55[65]
島ではウィドモアはデズモンドに多量の電磁エネルギーを浴びせる実験をする。フラッシュ・サイドウェイでは、デズモンドはチャーリーを助けたことにより、オリジナルの世界での人生を垣間見始める。 
115 12 "ヒューゴの導き"
"Everybody Loves Hugo"
ダニエル・アティアス エドワード・キッツィス & アダム・ホロウィッツ ハーリー英語版 2010年4月13日 (2010-4-13) 9.48[66]
多くの犠牲が出るのを防ぐためにハーリーはジャック、サン、ラピーダスを連れて黒服の男と話しに行く。フラッシュ・サイドウェイでは、ハーリーはリビーと再会して島での記憶を取り戻し、一方でデズモンドはオーシャニック815便の乗客たちを探しす役割を続ける。 
116 13 "合流"
"The Last Recruit"
スティーヴン・セメル英語版 ポール・ズビゼウスキー & グラハム・ローランド 多数 2010年4月20日 (2010-4-20) 9.53[67]
生存者たちは黒服の男たちとソーヤーたちの2グループに分かれる。ソーヤーのグループはハイドラ島に移動してサンとジンが再会した後、ウィドモアの部下によって捕らえられる。フラッシュ・サイドウェイでは、オーシャニック815便の乗客たちが偶然出会い続ける。 
117 14 "候補者"
"The Candidate"
ジャック・ベンダー エリザベス・サーノフ & ジム・ガラッソ ジャック & ロック 2010年5月4日 (2010-5-4) 9.59[68]
残りの生存者が再会された後、ソーヤーとジャックは黒服の男の出し抜いてウィドモアの潜水艦で島を脱出する計画を実行するが、候補者を皆殺しにしようとする黒服の男に罠に嵌まり、サイード、ジン、サンは命を落とす。フラッシュ・サイドウェイでは、ジャックはロックの麻痺の原因を調査し、治療しようとする。 
118 15 "白と黒"
"Across the Sea"
タッカー・ゲイツ カールトン・キューズ & デイモン・リンデロフ ジェイコブ英語版
& 黒服の男
2010年5月11日 (2010-5-11) 10.32[69]
ジェイコブと黒服の男は、双子の兄弟であることが明かされる。彼らは島を護っているという謎の女性によって育てられる。黒服の男は実母を殺した養母を殺害し、彼は罰として新たな島の守護者となったジェイコブによって電磁エネルギーの源へ投げ入れられ、黒煙のモンスターに変わってしまう。 
119 16 "すべてはこのために"
"What They Died For"
ポール・エドワーズ エドワード・キッツィス & アダム・ホロウィッツ
& エリザベス・サーノフ
多数 2010年5月18日 (2010-5-18) 10.47[53]
ベンは黒服の男と組み、ウィドモアを殺害する。ジェイコブは候補者の目的を説明し、ジャックは彼の後任に志願する。黒服の男はデズモンドを利用して島を破壊するために彼を探し始める。フラッシュ・サイドウェイでは、各々がコンサートに向かい始める。 
120/121 17/18 "終幕"
"The End"
ジャック・ベンダー デイモン・リンデロフ & カールトン・キューズ 多数 2010年5月23日 (2010-5-23) 13.57[53]
ジャックと黒服の男はそれぞれ正反対の結果を求め、島の中心の光を消すためにデズモンドを利用する。島は崩壊を始め、黒服の男は不死の力を失う。脱出しようとする黒服の男とジャックは戦闘になり、ジャックは刺されるが、黒服の男はケイトによって背後から撃たれ、崖から突き落とされる。運命を受け入れたジャックは島の中心の光を再点火するために犠牲となる。ケイト、ソーヤー、クレア、マイルズ、フランク、リチャードはアジラ航空機で脱出する。ハーリーはジャックから島の守護者の役割を引き継ぎ、ベンはアドバイザーに任命される。フラッシュ・サイドウェイの世界は、メインキャラクターが生と死を受け入れるまで滞在し、その後は共に「去る」、「進む」ための辺獄や待機地点の一種であることが明かされる。 

ホームメディア発売[編集]

Lost: The Complete Sixth and Final Season
発売日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カナダの旗 カナダ
イギリスの旗 イギリス オーストラリアの旗 オーストラリア
ニュージーランドの旗 ニュージーランド
2010年8月24日 2010年9月13日 2010年10月20日

参考文献[編集]

  1. ^ a b c “ABC Announces the Premiere of the Sixth and Final Season of Lost, with a Special All-Night Event on Tuesday, February 2” (プレスリリース), ABC, (2009年11月19日), http://www.abcmedianet.com/web/dnr/dispDNR.aspx?id=111909_04 2009年11月19日閲覧。 
  2. ^ Hibberd, James (2010年2月3日). “Fans rediscover 'Lost' as premiere ratings climb”. The Hollywood Reporter. 2012年8月16日閲覧。
  3. ^ a b Jimmy Kimmel Live!. Lindelof, Damon and Cuse, Carlton. ABC. 2010年2月2日放送.
  4. ^ Stanhope, Kate (2010年5月5日). “ABC Extends Lost Series Finale by 30 Minutes”. TV Guide. 2012年8月16日閲覧。
  5. ^ Flash Sideways”. ABC. 2010年2月3日閲覧。
  6. ^ Lambert, David (2010年5月28日). “Lost - Press Release Brings Final Contents, Packaging for Season 6 and Complete Collection on DVD, Blu”. TVShowsOnDVD.com. 2012年8月16日閲覧。
  7. ^ a b “ABC Gives Viewers 48 More Original Episodes of the Hit Drama Lost, Culminating in an Exciting Series Conclusion” (プレスリリース), ABC, (2007年5月7日), http://www.thefutoncritic.com/news.aspx?id=20070507abc01 2012年8月17日閲覧。 
  8. ^ Mitovich, Matt (2008年12月18日). Lost Fans Will Get an Uninterrupted Season 5”. TV Guide. http://www.tvguide.com/news/lost-season-5-1000807.aspx 2009年4月12日閲覧。 
  9. ^ Porter, Rick (2009年6月29日). “Lost will last a little longer”. Zap2it. 2009年8月17日閲覧。
  10. ^ a b c Godwin, Jennifer (2009年7月25日). “Everything You Need to Know From the Lost Events at Comic-Con”. E! Online. 2009年8月13日閲覧。
  11. ^ Wilkes, Neil (2009年7月25日). “Live: 'Lost' panel at Comic-Con”. Digital Spy. 2009年10月25日閲覧。
  12. ^ Householder, Mike (2009年5月15日). “Hollywood, universities share benefits of name-dropping”. USA Today. http://www.usatoday.com/news/education/2009-05-15-universities-hollywood_N.htm 2009年10月25日閲覧。 
  13. ^ Abrams, Natalie (2010年3月9日). “Lost Producers: What It Means to Be a Candidate, What's the "Sideways" World”. TV Guide. 2010年3月8日閲覧。
  14. ^ Jensen, Jeff (2010年2月2日). “Confused by the 'Lost' premiere? Never fear! Damon and Carlton explain a few things about the start of Season 6”. Entertainment Weekly. 2010年5月7日閲覧。
  15. ^ a b Abrams, Natalie (2010年3月1日). “Thirteen Clues About the End of Lost: Does Ilana Age? Who's Coming Back? Who Isn't?”. TV Guide. http://www.tvguide.com/news/thirteen-clues-end-1015552.aspx 2010年3月20日閲覧。 
  16. ^ Steinberg, Brian (2010年3月29日). “The Cost of 'Lost'? ABC Asks $900,000 for Finale”. Advertising Age. 2012年8月17日閲覧。
  17. ^ "運命の午後英語版". ジャック・ベンダー, Writ. デイモン・リンデロフ & カールトン・キューズ. LOST. ABC. 2009年5月13日放送. 17回,シーズン5.
  18. ^ Godwin, Jennifer (2008年5月30日). “Lost Redux: Promises to Keep, and Miles to Go Before We Sleep”. E! Online. 2009年8月13日閲覧。
  19. ^ "奇跡の子英語版". ポール・エドワーズ, Writ. エリザベス・サーノフ & カイル・ペニントン英語版. LOST. ABC. 2008年5月8日放送. 14回,シーズン4.
  20. ^ Malcom, Shawna (2010年3月23日). “Five Things to Know About Lost‘s Nestor Carbonell”. People.com. 2012年8月17日閲覧。
  21. ^ Goodwin, Jennifer (2010年2月3日). “Elizabeth Mitchell Promises She's Coming Back to Lost—Perhaps for Kissing and Coffee With Sawyer?”. E! Online. 2012年8月17日閲覧。
  22. ^ Godwin, Jennifer (2009年7月30日). “How Many Episodes of Lost Is Dominic Monaghan Doing?”. E! Online. 2009年8月13日閲覧。
  23. ^ a b Godwin, Jennifer (2010年1月12日). “More Lost Scoop: What About Shannon, Walt and Smokey?”. E! Online. 2010年1月12日閲覧。
  24. ^ Abrams, Natalie, et al. (2009年8月10日). “Spoiler Chat: What Brings Boone Back to Lost?”. E! Online. 2009年8月13日閲覧。
  25. ^ Porter, Rick (2009年11月19日). “'Lost' welcomes back Rebecca Mader”. Zap2it. 2012年8月17日閲覧。
  26. ^ O'Connor, Mickey (2010年1月12日). Lost: Harold Perrineau, Cynthia Watros to Return for Final Season”. TV Guide. http://www.tvguide.com/News/Lost-Harold-Perrineau-1013608.aspx 2010年1月12日閲覧。 
  27. ^ Bauder, David (2010年1月12日). “No Sequels, Spinoffs for Lost”. The Seattle Times. 2010年1月12日閲覧。
  28. ^ Ausiello, Michael (2010年3月4日). “Lost Exclusive: Michelle Rodriguez Returns!”. Entertainment Weekly. 2010年3月4日閲覧。
  29. ^ クリスティン・ドス・サントス (2009年11月3日). “Maggie Grace Not Confirmed to Return to Lost”. E! Online. 2009年11月3日閲覧。
  30. ^ Jensen, Jeff & Snierson, Dan (2010年2月17日). “Lost Exclusive: Maggie Grace, a.k.a. Shannon, Returns This Season”. Entertainment Weekly. 2010年2月17日閲覧。
  31. ^ Lost Star Who Quit Wants to Return to the Show”. Contactmusic.com (2009年6月26日). 2010年3月5日閲覧。
  32. ^ Rice, Lynette (2009年8月13日). “Lost "Mr. Eko" Wants to Stage His Comeback”. Entertainment Weekly. 2010年3月5日閲覧。
  33. ^ Jensen, Jeff (2010年8月25日). “Doc Jensen on 'Lost:' A review of 'The New Man In Charge' DVD extra”. Entertainment Weekly. 2012年8月17日閲覧。
  34. ^ Ausiello, Michael (2008年7月8日). “Ask Ausiello: Spoilers on Lost, Grey's, NCIS and More! Plus: Twisty Blind Item Revealed!”. Entertainment Weekly. 2009年5月19日閲覧。
  35. ^ Ausiello, Michael (2008年8月7日). “Scoop: Lost Finds New Season 5 Blood!”. Entertainment Weekly. 2009年5月19日閲覧。
  36. ^ “Comic-Con International”. ABC.com (Podcast). (August 1, 2008). http://ll.media.abc.com/podcast/audio/itunes/LOST_2008%20ComicCon_audio_podcast_43d56421-8030-48a4-a2ef-75de6920e61c_1749705.mp3 2009年8月13日閲覧。 
  37. ^ The Panel. Guest: Fionnula Flanagan. 2009年12月3日放送. 5回,シーズン9.
  38. ^ SpoilerGuy (2009年12月20日). “LOST — Mikhail Mystery To Be Solved”. TV Overmind. 2009年12月19日閲覧。
  39. ^ Abrams, Natalie (2010年2月17日). “Which of Sayid's Dead Lovers Are Returning to Lost?”. TV Guide. 2010年2月17日閲覧。
  40. ^ Ausiello, Michael (2010年3月10日). “Ask Ausiello: Spoilers on Smallville, Good Wife, Glee, Grey's, Fringe, and more!”. Entertainment Weekly. 2010年3月11日閲覧。
  41. ^ Richenthal, Matt (2010年1月7日). “Greg Grunberg: Also Returning to Lost”. TV Fanatic. 2010年1月7日閲覧。
  42. ^ Roffman, Marisa (2010年3月30日). “'Lost's' Mark Pellegrino: 'Your questions are going to be answered.'”. Zap2it. 2012年8月17日閲覧。
  43. ^ Fee, Gayle; Raposa, Laura (2009年10月26日). “Actor has fun Hamm-ing it up!”. Boston Herald. http://news.bostonherald.com/track/inside_track/view/20091026main_track_story/srvc=home&position=5 2009年10月28日閲覧。 
  44. ^ DiNunno, Gina (2009年8月21日). “Deadwood Alum Joins Lost”. TV Guide. http://www.tvguide.com/News/Deadwood-Alum-Joins-1009122.aspx 2009年8月21日閲覧。 
  45. ^ Ausiello, Michael (2009年8月21日). “'Lost' exclusive: Japanese superstar Hiroyuki Shimosawa lands 'significant' role”. Entertainment Weekly. http://insidetv.ew.com/2009/08/21/hiroyuki-shimosawa-joins-lost/ 2009年8月21日閲覧。 
  46. ^ LA X (Parts 1 and 2)”. ABC. 2010年2月3日閲覧。
  47. ^ Abrams, Natalie (2009年10月28日). “Executive Producer Reveals Lost Guest Star on Twitter”. TV Guide. http://www.tvguide.com/News/Lost-Guest-Star-1011286.aspx 2009年10月28日閲覧。 
  48. ^ クリスティン・ドス・サントス (2009年12月8日). “Sexy Crossover Alert! New Lost Star Teaching Teri Hatcher to Strip for Desperate Housewives”. E! Online. 2009年12月9日閲覧。
  49. ^ Ausiello, Michael (2009年11月10日). “Exclusive: Lost retains L.A. Law alum Sheila Kelley”. Entertainment Weekly. 2009年11月10日閲覧。
  50. ^ “On Next Week's Lost (3/16)” (プレスリリース), ABC, (2010年3月10日), http://abcmedianet.com/web/dnr/dispDNR.aspx?id=031010_04 2010年3月10日閲覧。 
  51. ^ Dos Santos, Kristin (2010年2月16日). “Lost Redux: Ummm...Did We Just Find Out What This Whole Show Is About?!”. E! Online. 2010年3月11日閲覧。
  52. ^ a b Gorman, Bill (2010年2月3日). “Tuesday Broadcast & Cable Finals, Plus Lost 15 Min. Breakdown”. TV by the Numbers. 2012年11月1日閲覧。
  53. ^ a b c Seidman, Robert (2010年5月25日). “TV Ratings Top 25: Dancing Tops Idol With Viewers Again, Lost Finale Wins With Adults 18-49”. TV by the Numbers. 2010年5月25日閲覧。
  54. ^ Lost”. Emmys.com. 2012年6月7日閲覧。
  55. ^ Ryan, Maureen (2009年12月15日). “Lost Photos and Info Found: A Few Thoughts from Cuse and Lindelof on the End of the Island Drama”. Chicago Tribune. 2010年1月8日閲覧。
  56. ^ Gordon, Mike (2010年1月31日). “Beach packed for last of 'Lost'”. The Honolulu Advertiser. 2010年1月31日閲覧。
  57. ^ Seidman, Robert (2010年2月10日). “Tuesday Finals: NCIS: LA, Lost Rise; Past Life Falls”. TV by the Numbers. 2010年2月10日閲覧。
  58. ^ Seidman, Robert (2010年2月23日). “TV Ratings Top 25: American Idol Still Top Show of Week With Adults 18-49”. TV by the Numbers. 2010年2月24日閲覧。
  59. ^ Gorman, Bill (2010年2月24日). “Tuesday Final Ratings: American Idol, Winter Olympics Both Adjusted Up”. TV by the Numbers. 2012年11月1日閲覧。
  60. ^ Seidman, Robert (2010年3月9日). “TV Ratings Top 25: Oscars, American Idol & The Big Bang Theory Top Weekly Broadcast Charts”. TV by the Numbers. 2010年3月9日閲覧。
  61. ^ Seidman, Robert (2010年3月16日). “TV Ratings Top 25: American Idol, Big Bang Theory, NCIS Top Weekly Broadcast Charts”. TV by the Numbers. 2010年3月16日閲覧。
  62. ^ Seidman, Robert (2010年3月23日). “TV Ratings Top 25: American Idol, NCIS, Undercover Boss, House Top Weekly Broadcast Charts”. TV by the Numbers. 2010年3月24日閲覧。
  63. ^ Gorman, Bill (2010年3月24日). “Tuesday Finals: Lost, American Idol Up; V Clip Show Falls”. TV by the Numbers. 2012年11月1日閲覧。
  64. ^ Gorman, Bill (2010年3月31日). “Tuesday Finals: V's Loss Is Lost's Gain”. TV by the Numbers. 2010年4月1日閲覧。
  65. ^ Seidman, Robert (2010年4月7日). “Broadcast Finals: Lost, NCIS, NCIS: LA Tick Up; V, The Good Wife Tick Down”. TV by the Numbers. 2010年4月7日閲覧。
  66. ^ Gorman, Bill (2010年4月14日). “Broadcast Finals Tuesday: Dancing, Lost Adjusted Up; V Adjusted Down”. TV by the Numbers. 2010年4月16日閲覧。
  67. ^ Gorman, Bill (2010年4月20日). “TV Ratings Broadcast Finals Tuesday: Lost, Idol Adjusted Up; Glee, V Adjusted Down”. TV by the Numbers. 2010年4月20日閲覧。
  68. ^ Gorman, Bill (2010年5月5日). “Broadcast Finals Tuesday: Idol, Lost, 90210 Adjusted Up; Good Wife, V, Parenthood Adjusted Down”. TV by the Numbers. 2010年5月5日閲覧。
  69. ^ Seidman, Robert (2010年5月12日). “Tuesday Finals: Lost, NCIS Adjusted Up; Good Wife, V, Glee Adjusted Down”. TV by the Numbers. 2010年5月13日閲覧。

外部リンク[編集]