LNERクラスA1蒸気機関車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シェンフィールド駅に停車中のA1 60163 トルネード(2009年3月29日撮影)

クラスA1、又はペパコーンクラスA1は、かつてロンドン・アンド・ノース・イースタン鉄道(LNER)が製造した蒸気機関車である。

概要[編集]

設計者はペパコーン(Arthur Peppercorn)であり、ナイジェル・グレズリー設計のクラスA1/A3は別物である。 本クラスは、LNERの国有化後の1948年から1949年にかけてドンカスター工場及びダーリントン工場において49両が生産されたが、全て廃車されており、現存する保存車両は無い。

旅客用機関車では最強力である出力階級8Pに区分され、ロンドンを起点にエジンパラを経てアバディーンへ至る東海岸本線の重量旅客列車(15両編成、550トン)の牽引を目的として設計された。本クラスはこの重量級の旅客列車を平地において95 - 110km/hで牽引可能であった。

車軸配置は4-6-2のパシフィック形で、3シリンダー駆動である。左右シリンダーが第2動輪、中央シリンダーが第1動輪を駆動する分割駆動方式を採用している。動弁機構はペパコーンの前任者であるトンプソンの方針を汲み、各シリンダ独立のワルシャート式である。第二次大戦直後で低下していた炭質に対応し、ボイラはクラスA4を上回る火格子面積を持った広火室の手焚きで、ダブル・キルシャップ型ブラストパイプを備える。フレームは板台枠で、動輪支持は下バネ式である。旧来の英国製蒸機の多くは電気装備をほとんど持っていなかったが、本クラスではSRのMerchant Navy class等と同様に、照明装置や補機類電源として蒸気タービン発電機が装備された。

本クラスは整備の手間がかからない機関車として重宝され、特に60153 - 60157の5両は動輪軸受けにローラーベアリングを採用したため、整備周期を12万マイル毎まで延伸できた。度々160km/hを超える優秀な動力性能を発揮した一方、特徴的な走行特性として高速時の首振り傾向が有った。この主原因は、クラスB1の先台車を設計変更せずに本クラスへ流用したため、台車芯皿の横動を復元する板バネが過度に柔らかく、不適切なためであった。後年バネ定数を増加する改造が行われ、走行性能は他の旅客用機並に改善された。

本クラスは保存車両が無いが、非常に似た車両に、同じくペパコーンの設計し、動輪径が小さく牽引力はより大きいクラスA2が挙げられる。クラスA2は No.60532 Blue Peterが本線運転可能な状態で保存されている。

新製プロジェクト[編集]

トップ・ギアの企画で走行中のA1 60163 トルネード(ドンカスター近郊、2009年4月25日撮影)

1991年より愛好家団体A1 Steam Locomotive Trustによって、50番目の車両を新製するプロジェクトがスタートした。この車両はTornadoと命名され、1949年に作られたペパコーンクラスA1最後の 60162, Saint Johnstounに続く60163の番号を与えられた。

Tornadoの新製プロジェクトでは、国立鉄道博物館に保管されていたペパコーンクラスA1の図面を基に、ペパコーンクラスA1を忠実に復元するプロジェクトではなく、ペパコーンクラスA1のあるべき姿を追求する形で進められた、このため、原設計に忠実に製造された訳ではなく、現役中に発生した不具合への修正が加えられている。また、ボイラーのリベットによる組立のように、イギリスの現行法では製造できない工法を用いた部品については、溶接に変更するなど現在適用可能な工法が用いられている。更に、安全に関係する装置に関しても現代のイギリス主要幹線を走行するのに必要な装置が追加されている。

2008年12月に機関車は完成し、ショップグレイと呼ばれる新製車専用の塗装をされて工場を出場した。現在はペパコーンクラスA1現役当時同様のアップルグリーンの塗装が施されている。なお、ショップグレイでの出場は蒸気機関車全盛時代には公式完成写真の撮影時に細部を分かりやすく写真に残す事を目的に一般的に行われていた。 後に、イベント限定で数日間だけLNER特有の濃青色に塗装されている。

BBCの自動車番組トップ・ギアのSeries13 Episode1(2009年)では、A1 60163に乗務する運転士や、給水中の様子などが放送されている(現在はDVDで入手可能)。なお、同番組では司会者のジェレミー・クラークソンがA1 60163に同乗している。