LIBOR

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

LIBOR (ライボー、London Interbank Offered Rate) とは、ロンドンにおいてインターバンク(銀行間直接)取引で資金の出し手から提示される金利のことで、ロンドン銀行間取引金利とも呼ばれる。特に6か月物は短期金利の指標として使われることが多い。

一般的には、指定された複数の有力銀行(リファレンスバンク)から報告された毎営業日11:00時点のレートを指す。この集計・発表はかつては英国銀行協会(BBA)が実施し、「BBA LIBOR」と呼ばれていたが、現在はインターコンチネンタル取引所(ICE)が「ICE LIBOR」を公表している。

資金調達コストの基準として用いられ、調達コストの割高/割安をLIBORとの比較で表現されることが多い。例えば、LIBORと同水準で社債等が発行された場合には「LIBORフラット(ライボー・フラット)」或いは単に「Lフラット(エル・フラット)」と表現される。また、特に信用力の高い企業では、LIBORよりも低い水準で資金調達を行なうことができ、その場合「サブLIBOR(サブ・ライボー)」と云われる。

種類[編集]

現在は5通貨、7期間、あわせて35種類の金利が毎営業日公表されている。2012年~2013年の改革により、通貨と期間が大幅に削減された[1]

通貨[編集]

英ポンドと4外貨のオフショア市場ユーロカレンシー)が対象

2013年に廃止された公表対象通貨

期間[編集]

  • 1日:USD、EUR、GBP、CADはオーバー・ナイト(O/N)、その他通貨はスポット・ネクスト(s/n)[2]
  • 1週間
  • 1ヶ月
  • 2ヶ月
  • 3ヶ月
  • 6ヶ月
  • 12ヶ月
2013年に廃止された公表対象期間
  • 2週間
  • 4、5、7、8、9、10、11ヶ月

不正疑惑[編集]

出典[編集]

関連[編集]