LGA 2011

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
LGA 2011
FCLGA 2011 (Core i7 Extreme Edition, Sandy Bridge-E).PNG
ソケット形式 LGA(ランド・グリッド・アレイ)
チップ形状 FC-LGA
コンタクト数 2011ピン
バスプロトコル QPI
採用プロセッサ Core i7(3900/3800番台)
Xeon(E5/E7系)

LGA 2011は、Socket Rとも呼ばれるインテルCPUソケットの一つ。"R"はPatsburg(製品名X79)チップセットベースのプラットフォームに与えられた開発コードネーム、"Romley"に由来する。本ソケットはハイエンドデスクトップ市場用、およびサーバ市場用のLGA 1366(Socket B)・LGA 1567の代替となる予定であり、その名前の通り、CPUパッケージは2011個のランド(=平たい接点)を持ち、ソケットは2011本のコンタクトピンを持つ。

採用CPU[編集]

メモリコントローラとPCI-ExpressコントローラをCPUに内蔵し、プロセッサ間通信にIntel QuickPath Interconnect(QPI)、プラットフォームコントローラーハブ(PCH)との通信にDMI2.0を利用するのはLGA 1366採用のCPUと同様。

対応チップセット[編集]

  • Intel製: X79など

関連項目[編集]