LFO (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
LFO
 マーク・ベル (モスクワ公演、2013年3月)}
 マーク・ベル (モスクワ公演、2013年3月)
基本情報
出身地 イングランドの旗 イングランド リーズ
ジャンル エレクトロニカ
テクノ
IDM
活動期間 1988年 - 1996年
2003年 - 2014年
レーベル Tommy Boy Records, ワープ
公式サイト warp.net/artists/lfo/
メンバー
マーク・ベル
旧メンバー
ジェズ・ヴァーレイ

LFO (エルエフオー)は、イギリステクノユニット、およびソロプロジェクト。

概要[編集]

1990年代初期にイギリスで流行したブリープ・テクノの主要アーティスト、及びIDMシーンの開拓者として知られる。バンド名の由来は、シンセサイザーなどに搭載されているLFO(Low Frequency Oscillator)から。初期はマーク・ベルとジェズ・ヴァーレイの2名によるユニットで、後にヴァーレイが脱退してベルのソロプロジェクトとなった。

メンバー[編集]

  • ジェズ・ヴァーレイ (Gez Varley)

作品[編集]

アルバム[編集]

  • Frequencies (1991年)
  • Advance (1996年)
  • Sheath (2003年)

EP、シングル[編集]

  • "LFO" (1990年)
  • "We Are Back" (1991年)
  • What Is House? EP (1992年)
  • "Tied Up" (1994年)
  • "Freak" (2003年)

脚注[編集]

  1. ^ Mark Bell of LFO has passed away”. 2015年1月25日閲覧。
  2. ^ RIP Mark Bell”. 2015年1月25日閲覧。