LCAO法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

LCAO法Linear combination of atomic orbitals method)あるいは「原子軌道による線形結合法」とは、原子軌道線形結合によって電子波動関数を記述し、その電子状態を求める計算手法のことである。

この場合、原子軌道が基底関数となっている。原子軌道はその原子に強く束縛された局在された軌道であり、隣合う軌道間の重なりは通常小さい。この意味で、LCAO法はタイトバインディング法とほぼ等価として扱われることがある。比較的扱い易い計算手法であるが、原子軌道同士の重なりの部分(重なり積分)の扱いが計算の負担となることがある。

関連項目[編集]