LAGEOS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
LAGEOS-1

LAGEOS(Laser Geodynamics Satellites)は 、軌道上でレーザー測距のベンチマークとするために設計された一連の人工衛星である。それぞれの衛星は高密度のレーザー反射器で、非常に安定した中軌道にある。

機能と運用[編集]

アルミニウムで覆われた真鍮製の直径60cm、質量400kgと411kgの球で、426個の立方体の再帰反射器で覆われ、巨大なゴルフボールのように見える[1]。センサや電子機器は持たず、高度も制御されない。

低軌道よりも高く静止軌道よりも低い高度5,900kmを周回し [2]軌道傾斜角は109.8°と52.6°である。

地上局から衛星に向けて発射されたパルス状のレーザーによって測定が行われる。レーザーは反射器の表面で反射して地球に戻り、要した時間が正確に測定され、異なる地上局の間の距離を数千マイル当たり1インチ以上の精度で測定できる。

高い質量/面積比と正確で安定な配置、非常に均一な軌道により、非常に正確な位置決定が可能となる。

ミッションの目標[編集]

LAGEOSミッションには、次のような目標が設定されている。

地上局は、アメリカ合衆国、メキシコ、フランス、ドイツ、ポーランド、オーストラリア、エジプト、中国、ペルー、イタリア、日本等の多くの国に設置され、データは世界中の研究者に提供される。

1976年に打ち上げられたLAGEOS-1と1992年に打ち上げられたLAGEOS-2が存在し、2011年5月時点で両機ともILRSネットワークによって常に追跡されている[3]

LAGEOS 2の放出

LAGEOS-1(840万年以内に大気圏再突入すると予測される[4])は、過去、現在、未来の地球の大陸の配置を示した盾を搭載している[2]

打上げデータ[編集]

  • LAGEOS-1 - 1976年5月4日打上げ、NSSDC ID 1976-039A、NORAD number 8820
  • LAGEOS-2 - 1992年10月23日にSTS-52より放出、NSSDC ID 1992-070B、NORAD number 22195

関連文献[編集]

  • Sagan, Carl (1978). Murmurs of Earth: The Voyager Interstellar Record. Random House. pp. 8-9. 

出典[編集]

外部リンク[編集]