LADE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Líneas Aéreas del Estado
IATA
5U
ICAO
LDE
コールサイン
LADE
設立日 1944年10月23日
ハブ空港 ホルヘ・ニューベリー空港
ヘネラル・エンリケ・モスコニ国際空港
保有機材数 22機
本拠地 ブエノスアイレス
代表者 アルゼンチン空軍
外部リンク http://www.lade.com.ar/

LADE西: Líneas Aéreas del Estado、日本語訳:国家航空)は、アルゼンチン空軍が運営する旅客航空事業部門。ブエノスアイレスに拠点を置く。

歴史[編集]

1940年、アルゼンチン政府はスドエスト(南東)航空Líneas Aéreas del SudoesteLASO)を設立し、アルゼンチン国内における遠隔地向け旅客・貨物および郵便航空輸送を開始する。その後ノレエステ(北東)航空Líneas Aéreas del NoresteLANE)が設立され、1944年1月6日にブエノスアイレス~イグアス間の運航を開始。同年10月23日に両社は統合再編され国家航空Líneas Aéreas del EstadoLADE)となる。1972年から1982年まで間には水上機によるアルゼンチン~フォークランド諸島ポートスタンリー間の定期便が就航していた。

主な運航路線[編集]

運航が終了した路線。ネウケンサンマルティン・デ・ロス・アンデス、サンタ・ロサ、サパラ、クトラル・コ、アルヘンティーノ湖ヘネラル・ロカポート・スタンリー

運航機材[編集]

2009年時点での運航機材。

参考文献[編集]

  • 「エアライン年鑑 2009-2010」イカロス出版、2009年

外部リンク[編集]