L-410 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

L-410

KubinkaでのLET L-410MU

KubinkaでのLET L-410MU

LET L-410UVP-E

L-410は、チェコスロバキア時代にLET社が開発したターボプロップ双発旅客機である。ソ連などのほかの東欧諸国でもレシプロ複葉機であるAn-2の更新用として多数が導入された。総生産機数は1,100機以上。

ここではその派生型であるL-420についても述べる。

概略[編集]

LETは、ソ連を除く東欧諸国では随一の航空機メーカーであり、地方の旅客貨物運搬用、航法訓練用など多目的に投入するために開発されたもので、1969年4月16日プロトタイプである初号機が初飛行に成功した。

このプロトタイプは、チェコスロバキア国産のWalter M601 ターボプロップエンジン開発遅延のため、Pratt & Whitney Canada PT6A-27 ターボプロップエンジンを装着して使用された。 PT6A-27 エンジンを装着し量産されたものがL-410Aである。L-410Aが航空会社に就航したのは1971年であった。

M601 エンジンの開発成功後は、三枚ブレードのAvia V508 プロペラと共にM601 エンジンへ換装された。この量産型がL-410Mである。

また、アエロフロート用としてSTOL性能を高めたL-410M UVPが開発された。L-410M UVPはSTOL性能を高めた代わりに、空虚重量が増加し、さらに重心も移動させたため、搭乗可能旅客数が15名まで減少した。

もっとも多く運用されているL-410M UVP-Eは、最大離陸重量を6,400kgにまで高めたもので、強化されたM601E エンジンと共に、5翔のV510 プロペラを装備し、搭載燃料量を増加させるため翼端に増槽タンクを取り付けた。

L-410UVP-E9とUVP-E20は様々な証明、法規に起因するマイナーチェンジ版で、最後に製造されたL-420は、M601F エンジンを装着した派生型である。L-410M UVP-Eで6,400kgだった最大離陸重量は、UVP-E9とE20では6,600kgにまで増加し、これにより搭載可能乗客数も17-19名にまで増加した。

L-410M UVP-Eは、非与圧の全金属型高翼コミューター機で、引き込み式の降着装置を装備する。また、主用と非常用の2系統からなる油圧系統を持ち、主電源系統は直流28Vである。防氷装置は主翼前縁に除氷ブーツを装備し、プロペラ操縦室風防、ピトー・スタティック系統の防氷は電熱によって行う。

この航空機は、計器飛行方式による運航が可能で、カテゴリーIの計器着陸装置を用いた着陸ができ、また、アイシングコンディション下の運航も可能であり、未舗装滑走路からの発着も可能である。

1,100機以上が製造され、おおよそ500機近くが現在も運用されている。多くはソ連に供給されたが、その多くは売却されており、アジアアフリカ北アメリカで運用されている。40機はヨーロッパでコミューターかスカイダイビング用に運用され、また、数は不明だがロシアや旧ソ連圏にも存在する。

バリエーション[編集]

L-410
プロトタイプで、3機が製造された。
L-410A
Pratt & Whitney PT6A-27 ターボプロップエンジンを装備した最初の量産型。12機が製造された。
L-410AB
4翔プロペラを装備したバージョン。
L-410AF
空中撮影用機。ハンガリーへ供給された。
L-410AG
L-410Aを改良したもの。
L-410AS
ソ連に供給された試験用機。5機が製造された。
L-410FG
写真測量用機。
L-410M
Walter M601A ターボプロップエンジンを装備した2度目の量産型。
L-410AM
M601B エンジンを装備したタイプで、L-410MAL-410MUとも呼ばれる。
L-410UVP
3度目の量産型で、全面的な改修がなされている。大きく改修された点は貨物室水平尾翼で、また、主翼幅も0.80m延ばされ、M601B エンジンを装備している。UVPタイプにはSTOL性能が装備された(UVPとは、ロシア語で短距離離着陸の意)。
L-410UVP-S
客室ドアが上方へ拡大されたタイプ。
L-410UVP-E
M601E エンジンに換装されたタイプで、5翔のプロペラと、翼端に増槽タンクを持つ。
L-410T
大きな乗降ハッチ(1.25m×1.46m)を持つタイプで、医療用航空機のように6台の担架と医師、もしくは12名の落下傘部隊を搭載することができる。また、1,000kgの貨物コンテナを搭載することもできる。
L-420
L-410UVP-EのエンジンをM601Fに換装したもの。

スペック(L-410UVP-E)[編集]

概要[編集]

  • 操縦乗員:2名
  • 最大人員:19名(もしくは1,710kgの貨物
  • 全長:14,42m
  • 翼巾:19,98m
  • 高さ:5,83m
  • 翼面積:35,18m²
  • 空虚重量:3,725kg
  • 最大着陸重量:5,800kg
  • 最大離陸重量:6,400kg
  • エンジン:Watler M601E ターボプロップ双発 559kW(750hp)

性能[編集]

  • 最高速度:388km/h
  • 最大巡航速度:311km/h
  • 最大実用上昇高度:7,000m
  • 航続距離:1,040km
  • 最大上昇率:468m/min(片発の場合90m/min)

脚注[編集]

  1. ^ flugzeuginfo.net: LET L-410 Turbolet Specification
  2. ^ LET Aircraft Industries: History

外部リンク[編集]