Kishi Bashi

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Kishi Bashi
2011年4月}
2011年4月
基本情報
出生名 Kaoru Ishibashi
出生 1975年11月4日(39歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ワシントン州シアトル
学歴 バークリー音楽大学
ジャンル インディー・ポップ/インディー・ロック/サイケデリック・ポップ/実験音楽
職業 ミュージシャン
担当楽器 ギター/ヴァイオリン/シンセサイザー
レーベル Joyful Noise
共同作業者 オブ・モントリオールレジーナ・スペクター
公式サイト

http://kishibashi.com/

日本公式 http://www.kishibashi.jp/

Kishi Bashi (キシ・バシ) は、アメリカ合衆国出身のヴァイオリニスト、ミュージシャンである K Ishibashi1975年11月4日 - )によるソロプロジェクト。ジュピター・ワン英語版のメンバーであり、オブ・モントリオールレジーナ・スペクターソンドレ・ラルケなどのツアーメンバーとしても活動している。

略歴[編集]

本名は Kaoru Ishibashi[1]アメリカ合衆国ワシントン州シアトル生まれ[1]だが、両親は共にオールド・ドミニオン大学英語版の教授であったため[2]、同大学があるバージニア州ノーフォークの東海岸で育った。7歳からヴァイオリンを始めていた。マシュー・フォンテーン・モーリー高校英語版を卒業[3]

コーネル大学を落第した後、ボストンバークリー音楽大学に進学[1]マット・グレイザー英語版にジャズ・ヴァイオリンを師事。また同大で、のちに妻となるピアニストのケイコと出会う。卒業後、オブ・モントリオールのメンバーなどとして活動(2010年に脱退[1]し、ツアーメンバーとなった)。

2002年に結婚してブルックリンに移住、2006年に第一子をもうけた[1]。同時期からソロとしての活動を始め、ツアーメンバーとして参加していたソンドレ・ラルケ[4]レジーナ・スペクターのオープニング・アクトなどとしてソロ活動を開始した[1]

2011年にソロとして初のEP「Room for Dream」をリリース。当初はiTunesBandcampでの配信限定であったが、のちにレコード盤としてもリリースされた。翌年の2012年には、アルバム「151a」(一期一会の意) をリリースした。また、ドコモスマートフォンAscend HW-01E」のCMに楽曲提供を行なっている。

作風[編集]

Kishi Bashi は、ヴァイオリンやギターとボーカルを組み合わせた楽曲を手がける他、オブ・モントリオールのケビン・バーン英語版とのデュエット曲や、ヴァイオリンやドラムキーボードビートボックスを駆使した「ワンマンオーケストラ」[1]による楽曲などを制作している。

ディスコグラフィー[編集]

  • Room for Dream EP (2011年、Aerobic International / Joyful Noise)
  • 151a (2012年、Joyful Noise)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g Megan Buerger "As Kishi Bashi, Kaoru Ishibashi finding hard-earned success on the solo circuit" (Washington Post Published: March 31, 2012)
  2. ^ Sam McDonald "Kishi Bashi, set to headline The NorVa, captivates with loopy, experimental pop" (Daily Press July 20, 2012)
  3. ^ Liguid, Tracy (2012年7月17日). “Oh Kishi: Budding Local Legend Returns to Norfolk”. AltDaily. 2012年7月27日閲覧。
  4. ^ [1] (2012年11月21日閲覧)

外部リンク[編集]