Kinect スポーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Kinect スポーツ
ジャンル スポーツ
対応機種 Xbox 360
開発元 レア
発売元 マイクロソフト株式会社
人数 オフラインプレイヤー数: 1-4人
オンラインプレイヤー数: 2-4人
発売日 日本の旗 2010/11/20
アメリカ合衆国の旗 2010/11/4
欧州連合の旗 2010/11/10
対象年齢 CERO:A-全年齢対象
デバイス Kinect専用ソフト
テンプレートを表示

Kinect スポーツ』(キネクト スポーツ)はマイクロソフトから発売されたXbox 360Kinect専用のゲームソフト。

概要[編集]

Kinect専用の体感型のスポーツゲーム。サッカービーチバレーボウリング陸上競技ボクシング卓球の、6種類のスポーツを、全身の動きを利用してプレイする[1]
オフライン、オンライン共に、対戦、協力プレイに対応しており、最大4人まで一緒プレイできる(同時プレイは2人)。画面に登場するアバターと、自分の動きが連動し、様々なアクションをとることが出来る。
6種類の競技ごとに、さまざまなミニゲームも用意されている。
日本版の実況、ナビゲーターとして、フリーアナウンサー福沢朗が起用されている。

収録スポーツ[編集]

  • サッカー

オフェンスはパスとシュート、ディフェンスはパスカットとゴールキーパーを操作する。

  • ビーチバレー

サーブ、レシーブ、ブロック、トス、ジャンプアタックを駆使する。

  • ボウリング

ボールを手に取り、前後に腕を振ることでボールを転がす。腕の角度によりスピンをかけることが出来る。

  • 陸上競技

5種類の陸上競技に挑戦する。短距離走槍投げ走り幅跳び円盤投げハードルで、スコアを競う。

  • ボクシング

パンチとブロックを駆使し、3ラウンド制の勝負をする。肩を後ろに引いて打ち込むことで、相手が仰け反る重いパンチを打つことが出来る。

  • 卓球

ソロかダブルスによる対決が可能。振る角度によりドライブショットや、カットが出来る。

ミニゲーム[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]