Kindle Fire

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Amazon.com > Amazon Kindle > Kindle Fire
Kindle Fire (第1世代)
Kindle Fire web browser 05 2012 1430.JPG
Kindle Fire (第1世代)
メーカー Amazon.com
製造元 クアンタ・コンピュータ[1]
発売日 2011年11月15日(2年前) (2011-11-15
標準価格 $199
OS (独自)
System-on-chip used TI OMAP 4430
CPU 1 GHz
メモリ 512 MB RAM[2]
ストレージ 8 GB[3]
ディスプレイ 7インチマルチタッチ対応ゴリラガラスディスプレイ、1024×600、169 ppi、16万色[3]、静電容量タッチセンサ[4]
外部接続 マイクロUSB 2.0 (type B) [5]
3.5 mmステレオソケット[5]
802.11b/g/n Wi-Fi
オンラインサービス Amazon Prime, Amazon Cloud Storage, Amazon Cloud Player, Amazon Instant video, Amazon Silk, Amazon App Store, Amazon Kindle Store
サイズ 縦190 mm (7.5 in)
横120 mm (4.7 in)
奥行11.4 mm (0.45 in)
重量 413 g (14.6 oz)[6]
次世代ハードウェア Kindle Fire (第2世代)
ウェブサイト www.amazon.com/kindlefire
Kindle Fire (第2世代)
メーカー Amazon.com
製造元 クアンタ・コンピュータ[7]
発売日 2012年9月6日(2年前) (2012-09-06
標準価格 $159, 12800円
OS (独自)
System-on-chip used TI OMAP 4430
CPU 1.2 GHz デュアルコアARM Cortex-A9
メモリ 1 GB
ストレージ 8 GB[3]
ディスプレイ 7インチマルチタッチ対応ゴリラガラスディスプレイ、1024×600、169 ppi、静電容量タッチセンサ[8]
外部接続 マイクロUSB 2.0 (type B) [5]
3.5 mmステレオソケット[5]
802.11b/g/n Wi-Fi
オンラインサービス Amazon Prime, Amazon Cloud Storage, Amazon Cloud Player, Amazon Instant video, Amazon Silk, Amazon App Store, Amazon Kindle Store
サイズ 縦189 mm (7.4 in)
横120 mm (4.7 in)
奥行11.5 mm (0.45 in)
重量 400g
前世代ハードウェア Kindle Fire (第1世代)
関連商品 Kindle Fire HD
ウェブサイト www.amazon.co.jp/dp/B00962OKJU

Kindle FireとはAmazon.comが提供するKindle対応電子ブックリーダータブレットである。独自開発されたOSを搭載し、7インチのIPS液晶タッチディスプレイを備えている。第1世代が2011年9月28日に発表され、2011年11月15日に発売された。第2世代は、アメリカで2012年9月6日、日本では2012年12月18日に発売。Amazon AppstoreやKindle ストアにアクセスして電子書籍・音楽・映画などを買うことが出来る。上位版はKindle Fire HD

概要[編集]

価格は

  • 第1世代 - $199[9]。発売当初の端末のBOM範囲は概算で150ドルから201.70ドルである[10][11]
  • 第2世代 - $159, 12,800円

アナリストはアップルのiPadに対する強力な競合商品になり[12]、他のAndroid端末メーカーは売上を落とすことになるだろうと予測している[13][14]。Amazonのビジネス戦略は端末自体を売るよりむしろKindle Fireでデジタルコンテンツを売って稼ぐことが目的となっている[15][16][17]

2011年11月25日の発売から翌12月にかけて一週間あたり100万台以上の割合でKindle Fireは売れていき[18]International Data Corporation (IDC)は2011年第四四半期において約470万台売り上げたと概算している[19]。 Kindle FireはAmazonの第一四半期で予想を上回る利益を上げ、時間外取引で株価を押し上げる材料となった[20]

ハードウェア[編集]

モデル Kindle Fire (第1世代) Kindle Fire (第2世代)
画面サイズ 7" (169ppi)
画面解像度 1024 × 600
OS Fire OS
CPU デュアルコア 1.0 GHz Texas Instruments OMAP 4430 デュアルコア 1.2 GHz Texas Instruments OMAP 4430
GPU PowerVR SGX 540
RAM 512MB 1GB
Wi-Fi IEEE 802.11 b/g/n
Bluetooth N/A
携帯回線 N/A
ストレージ 8GB
サイズ 190 x 120 x 11.4 mm 189 x 120 x 11.5 mm
重さ 413g 400g
バッテリー 4,400mAh

アプリケーション80本に加えて映画10本か音楽800曲か電子書籍6000冊の何れを入れるのに十分と言われている8GBのストレージを内蔵している[21][22]。8GBの内蔵ストレージのうち、コンテンツの記録で使用可能なのは第1世代が6.5GB、第2世代が5.5GBまでである[23]

Amazonの技術的詳細リストによれば、搭載されている4400mAhのバッテリーで第1世代は8時間まで継続して読書したり、何も繋がずに7時間半までビデオの再生が可能[24]。第2世代は8.5時間。

ディスプレイの視認面積は標準的な4×6写真サイズより少し小さい。

ソフトウェア[編集]

第1世代[編集]

Amazon Appstore[5](ただしサービスを利用できるのはアメリカ合衆国のユーザーのみ)にアクセスするためにFireはクラウド化された「Split Browser」であるAmazon Silkでウェブページのレイアウトとレンダリングやサイトをもっと早く表示するためのGoogleのSPDYプロトコルを含むデバイス無しクラウド計算のためのAmazon EC2を使用する[25][26][27]。ユーザーのAmazonデジタルコンテンツには無料ストレージであるAmazon Cloudのウェブストレージプラットフォーム[5]が与えられ、Amazon Cloud Driveの5GBのミュージックストレージやウェブメール(GmailYahoo!HotmailAOL Mailなど)対応の内蔵Eメールアプリケーションが一括管理できる[5]。映画やテレビ番組が無制限に見られる登録制のAmazon Primeのフリートライアル期間も設定されている[5]。2012年5月3日現在Kindle Fire搭載OSのバージョンは6.3.1_user_4107720となっている[28]

対応しているファイルフォーマットはKindle Format 8 (KF8), Kindle Mobi (.azw), TXT, PDF, 無制限のMOBI, PRC natively, Audible (Audible Enhanced (AA, AAX)), DOC, DOCX, JPEG, GIF, PNG, BMP, non-DRM AAC, MP3, MIDI, OGG, WAV, MP4, VP8である[5]

Kindle FireでのUSBの転送速度が遅いのはAmazonのUSBドライバを実行しているためであり、例として800MBのビデオファイルを転送するのに3分以上かかっている[29]

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Lai, Marcus (27 September 2011), “Amazon to burn new tablet this week, says report”, Punch Jump (Punch Jump LL C), http://news.punchjump.com/2011/09/27/amazon-to-burn-new--fire-tablet-this-week-says-report/ 2011年9月29日閲覧。 
  2. ^ Grabham, Dan (29 September 2011), “Kindle Fire vs iPad 2 vs Galaxy Tab 7.7 vs HTC Flyer”, TechRadar UK (Future Publishing Ltd), http://www.techradar.com/news/mobile-computing/tablets/kindle-fire-vs-ipad-2-vs-galaxy-tab-7-7-vs-htc-flyer-1030316 
  3. ^ a b c Lee, Tyler (28 September 2011), “Amazon Kindle Fire unveiled”, Ubergizmo (Blogzilla LLC), http://www.ubergizmo.com/2011/09/amazon-kindle-fire-unveiled/ 
  4. ^ Shahbaaz (September 28, 2011), “Amazon Unveils Kindle Fire Android Tablet ($199) & Kindle Touch ($99), Kindle 2011 Priced at $79!”, tnerd.com, http://tnerd.com/2011/09/28/amazon-unveils-kindle-fire-android-tablet-199-kindle-touch-99-new-kindle-priced-at-79/ 
  5. ^ a b c d e f g h i Kindle Fire - the Amazon Tablet with Full Color 7" Multi-Touch Display, Wi-Fi, Amazon.com, http://www.amazon.com/gp/product/B0051VVOB2%7C 2011年10月2日閲覧。 
  6. ^ Grabham, Dan (October 31, 2011), “Amazon Kindle Fire: what you need to know Updated: Kindle tablet release date, specs, features and more”, TechRadar UK (Future Publishing Ltd), http://www.techradar.com/news/mobile-computing/tablets/amazon-kindle-fire-what-you-need-to-know-1030069 
  7. ^ Lai, Marcus (27 September 2011), “Amazon to burn new tablet this week, says report”, Punch Jump (Punch Jump LL C), http://news.punchjump.com/2011/09/27/amazon-to-burn-new--fire-tablet-this-week-says-report/ 2011年9月29日閲覧。 
  8. ^ Shahbaaz (September 28, 2011), “Amazon Unveils Kindle Fire Android Tablet ($199) & Kindle Touch ($99), Kindle 2011 Priced at $79!”, tnerd.com, http://tnerd.com/2011/09/28/amazon-unveils-kindle-fire-android-tablet-199-kindle-touch-99-new-kindle-priced-at-79/ 
  9. ^ “【連載リレーコラム】買い物山脈 199ドルの安さで買ったKindle Fireと自宅大模様替え計画”. PC Watch (インプレス). (2012年1月13日). http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/kaimono/20120113_504001.html 2012年8月4日閲覧。 
  10. ^ Merritt, Rick (28 September 2011). “Kindle Fire profitable at estimated $150 BoM|”. eetimes.com (EE Times). http://www.eetimes.com/electronics-news/4228505/Kindle-Fire-profitable-at-estimated--150-BoM 
  11. ^ Olivarez-Giles, Nathan (2011年11月18日). “Amazons 199 Kindle Fire costs 201.70 to build, report says”. Los Angeles Times. http://latimesblogs.latimes.com/technology/2011/11/amazons-199-kindle-fire-costs-20170-to-build-report-says.html 
  12. ^ Letzing, John (September 28, 2011), “Amazon to Challenge iPad”, The Wall Street Journal (Dow Jones & Company, Inc), http://online.wsj.com/article/SB10001424052970204422404576597141076634146.html 2011年10月1日閲覧。 
  13. ^ “Amazon's Kindle Fire Will 'Vaporize' Android But Leave Apple Unscathed”, THE WARP, (2011-12-06), http://www.thewrap.com/media/column-post/amazons-kindle-fire-will-vaporize-android-leave-apple-unscathed-33340 2012年8月4日閲覧。 
  14. ^ Lee Brodie, ed (28 September 2011). Gene Munster: Samsung, Others Should Worry about Kindle Fire. CNBC. http://www.cnbc.com/id/44707441/Gene_Munster_Samsung_Others_Should_Worry_about_Kindle_Fire 
  15. ^ Myslewski, Rik (30 September 2011). “Amazon's Kindle Fire is sold at a loss|”. theregister.co.uk (The Register). http://www.theregister.co.uk/2011/09/30/amazon_kindle_fire_bill_of_materials/ 
  16. ^ Whitney, Lance (29 September 2011). “Amazon to lose $50 on each Kindle Fire, says analyst|”. news.cnet.com (CNET). http://news.cnet.com/8301-1023_3-20113292-93/amazon-to-lose-$50-on-each-kindle-fire-says-analyst/ 
  17. ^ Naughton, John (2 October 2011). Kindle Fire: the tablet that knows your next move. The Guardian / The Observer. http://www.guardian.co.uk/technology/2011/oct/02/kindle-fire-ipad-tablet-wars 
  18. ^ “Amazon Appstore Presentation at CES”, Amazon Appstore Developer Blog, (January 6, 2012), http://www.amazonappstoredev.com/2012/01/amazon-appstore-presentation-at-ces.html 2012年1月7日閲覧。 
  19. ^ Thomas Claburn (2012年4月7日). “iPad Mini: 6 Reasons Apple Must Do It”. InformationWeek. http://www.informationweek.com/news/hardware/handheld/232800453 2012年4月13日閲覧。 
  20. ^ Nakashima, Ryan, Kindle Fire helps Amazon beat 1Q estimates, Yahoo News - Tech, http://news.yahoo.com/kindle-fire-helps-amazon-beat-1q-estimates-224100088--finance.html 2012年4月28日閲覧。 
  21. ^ Murph, Darren (28 September 2011), “Amazon Kindle Fire tablet unveiled: Android-based, 7-inch display, $199 price tag”, Engadget (AOL Inc), http://www.engadget.com/2011/09/28/amazon-fire-tablet-unveiled-7-inch-display-199-price-tag/ 
  22. ^ Ziegler, Chris (28 September 2011), “Amazon Kindle Fire vs. iPad 2 vs. Nook Color: by the numbers”, This Is My Next, http://thisismynext.com/2011/09/28/amazon-kindle-fire-vs-ipad-2-vs-nook-color-numbers 
  23. ^ “Kindle Fire: Edu holy grail or one more DRM-ridden toy?”. ZDNet. (2011年11月17日). http://www.zdnet.com/blog/education/kindle-fire-edu-holy-grail-or-one-more-drm-ridden-toy/4738 2012年8月4日閲覧。 
  24. ^ Kindle Fire - Full Color 7" Multi-Touch Display with Wi-Fi - More than a Tablet
  25. ^ Boulton, Clint (29 September 2011), “Amazon EC2 Underlies Kindle Tablet 'Silk' Browser”, www.eweekeurope.co.uk, http://www.eweekeurope.co.uk/news/amazon-ec2-underlies-kindle-tablet-silk-browser-40927 
  26. ^ “Introducing Amazon Silk”, amazon.com (Amazon.com), http://www.amazon.com/gp/help/customer/display.html/ref=hp_rel_topic?ie=UTF8&nodeId=200775440 2011年10月2日閲覧。 
  27. ^ 'Amazon Silk team' (28 September 2011), “Introducing Amazon Silk”, amazonsilk.wordpress.com, http://amazonsilk.wordpress.com/2011/09/28/introducing-amazon-silk/ 
  28. ^ Help: Kindle Fire Software Update Version 6.3.1, http://www.amazon.com/gp/help/customer/display.html?nodeId=200790620 2012年5月8日閲覧。 
  29. ^ Ku, Andrew (November 24, 2011), Storage Performance: Slightly Faster Than USB 1.0?! : The Amazon Kindle Fire: Benchmarked, Tested, And Reviewed, Tom's Hardware: Hardware News, Tests and Reviews, http://www.tomshardware.com/reviews/amazon-kindle-fire-review,3076-11.html 2011年12月4日閲覧。 

外部リンク[編集]