Kicker

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

KickerKDE で中心となるパネルである。ユーザはパネルをカスタマイズできる。KDE デスクトップの中心的な要素であり、kdebase モジュールの一部となっている。

KDE 3.5.4 でカスタマイズした Kicker
より標準的な Kicker
Plasma に似せて手を加えた Kicker

KDE 4 では、Kicker は Plasma で置き換えられた。

アプレット[編集]

ユーザのデスクトップでの配置のように、KDE 3 のパネルの多くの外観が設定できる。

Kicker には多くのアプレットを組み込める。KDE 3.5 の時点で含まれているアプレットは以下に示すとおりである。

  • 15 ピース
  • Eyes
  • Kメニュー
  • KDE 以外のアプリケーションランチャー
  • Kate セッションメニュー
  • Klipper
  • Konqueror プロファイル
  • aRts コントロール
  • ごみ箱
  • ウィンドウリストメニュー
  • クイックファイルブラウザ
  • クイックランチャー
  • コマンドを実行
  • サウンドミキサー
  • システムガード
  • システムトレイ
  • システムメニュー
  • システムモニター
  • ターミナルセッション
  • タスクバー
  • デスクトップを表示
  • デスクトップレビューとページャ
  • ニュースティッカー
  • ネットワークフォルダ
  • バイナリ時計
  • ブックマークメニュー
  • メディアコントロール
  • ロック/ログアウトボタン
  • ワイヤレスネットワーク情報
  • 印刷システム
  • 気象情報
  • 記憶メディア
  • 月の満ち欠け
  • 検索
  • 公開ファイルサーバ
  • 最近開いたドキュメント
  • 時計
  • 辞書
  • 手に負えないプロセスのキャッチャー
  • 色の抽出
  • 数学的表現の評価者
  • 設定
  • 文字の選択
  • Keyboard Status Applet
  • World Wide Watch

関連項目[編集]