Kh-35

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Kh-35(AS-20 カヤック
3M24 ウラン(SS-N-25 スイッチブレード
3K60 バル (SSC-6 ストゥッジ)
Kh-35 flight sketch.svg
種類 空対艦ミサイル
艦対艦ミサイル
原開発国 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
運用史
配備期間 1983年
開発史
開発者 ズヴェズダ設計局
諸元
重量 520 kg (1,150 lb)[1]
610 kg (1,340 lb)[1] (HELO ver.)
全長 385 cm (152 in)[1]
440 cm (173 in)[1] (HELO ver.)
翼幅 133 cm (52.4 in)[1]
弾体直径 42.0 cm (16.5 in)[1]

弾頭 成型炸薬
炸薬量 145 kg (320 lb)[1]

有効射程 130 km (70 nmi)[1]
速度 マッハ0.8
誘導方式 INSARH
発射
プラットフォーム
戦闘艦航空機

Kh-35は、ロシア製の空対艦ミサイルNATOコードネームAS-20 カヤック艦対艦ミサイル型は3M24 ウラン(NATOコード: SS-N-25 スイッチブレード)、地対艦ミサイル型は3K60 バル(NATOコード: SSC-6 ストゥッジ)。規模・性能がアメリカハープーンに類似していることから、西側においてはハープーンスキィと通称される。

概要[編集]

ソビエト連邦海軍は、対水上火力として、長射程と短射程の2種の対艦ミサイルを整備する方針を採用していた。本機種は短射程艦対艦ミサイルの系譜に属しており、第1世代の短射程ミサイルであるP-15(SS-N-2)の後継として開発された。ソ連海軍では、既に第2世代の短射程ミサイルとしてP-270SS-N-22)を開発していたものの、これは短射程のわりに大重量で、また大威力ゆえに大規模な輸出も困難で、P-15を完全に代替するには至らなかった。このことから、P-270よりも軽量で、また輸出市場に提供できる短射程艦対艦ミサイルとして開発されたのが本機種である。従来、長射程艦対艦ミサイルはチェロメイ設計局が、短射程艦対艦ミサイルはラードゥーガ設計局が設計していたが、本機種は、従来は空対地ミサイルを手掛けてきたズヴェズダ設計局によって開発されており、従来の艦対艦ミサイルとは大幅に異なる設計となった。

Kh-35の基本設計はアメリカハープーンに類似しているが、サステナーとしてはターボジェットエンジンではなくターボファンエンジンを搭載している。ブースターなしのASMモデルで480キログラム、ブースター搭載のSSMモデルで630キログラムと、大幅な軽量化に成功している。飛翔速度は亜音速で、巡航高度は5〜10m、慣性誘導で飛翔し、終末航程においては高度3〜5mに降下してアクティブ・レーダー誘導方式を使用する。またデータ・リンクによって目標情報を中途アップデートすることもできる。弾頭は成型炸薬方式である。

採用国と搭載艦艇[編集]

アルジェリアの旗 アルジェリア
インドの旗 インド
ベトナムの旗 ベトナム
  • BPS500級ミサイル艇
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦/ロシアの旗 ロシア

参考文献・脚注[編集]

  • 多田智彦「ロシア艦載兵器の現状」、『世界の艦船』第635集、海人社、2004年12月、 150-153頁。
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n Rosoboronexport Air Force Department and Media & PR Service, AEROSPACE SYSTEMS export catalogue, Rosoboronexport State Corporation, p. 123, http://www.rusarm.ru/cataloque/air_craft/aircraft.pdf