KazSat

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

KazSatカザフ語: ҚазСат)はカザフスタン人工衛星シリーズ。テレビ放送と衛星通信のサービスを提供する静止衛星である。

KazSat-1[編集]

KazSat-1はカザフスタン初の人工衛星として、2006年6月18日プロトン-KBlok-DM3によってバイコヌール宇宙基地より打ち上げられた[1][2][3]。打上げには、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領とカザフスタンのヌルスルタン・ナザルバエフ大統領も立ち会った[4]

12基のKu帯トランスポンダーを搭載[1]。主契約者はクルニチェフ国家研究生産宇宙センターで、1億ドルのコストがかかったとされる[1]カザフスタン宇宙局が運用[1]

KazSat-1の設計寿命は10年の予定だったが、2008年6月に通信が途絶した[2][5]

KazSat-2[編集]

KazSat-2は2006年に発注され、当初は2009年の打ち上げを目指していた[6]。Ku帯トランスポンダーはテレビ放送用・通信用合わせて16基と予備の4基を搭載し、設計寿命は12年。元々は1号機の補助が目的だったが、その喪失によって後継機となった[6]。打ち上げは延期が相次ぎ、2011年7月16日にプロトン-MロケットによってSES社の通信衛星SES-3と共に打上げられた[7]

KazSat-3[編集]

KazSat-3は28基のKu帯トランスポンダーを搭載し15年の設計寿命である[8]。2011年にレシェトニェフへ発注され同社のEXPRESS-1000NTAバスを使用。ペイロードはタレス・アレーニア・スペースが担当する。2014年にバイコヌール宇宙基地より打ち上げ予定となっている[9]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d KazSat 1”. Gunter's Space. 2011年4月1日閲覧。
  2. ^ a b カザフスタン宇宙局”. JAXA 宇宙情報センター. 2011年3月16日閲覧。
  3. ^ BAIKONUR IS STILL THE CORE OF KAZAKH-RUSSIAN COOPERATION IN SPACE”. interfax.kz (2008年2月). 2011年3月16日閲覧。
  4. ^ “カザフスタン初の通信衛星KazSat、打ち上げ成功 - カザフスタン”. AFPBB News. (2006年6月18日). http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2071595/653784 2011年4月1日閲覧。 
  5. ^ KazSat”. russianspaceweb.com. 2011年3月16日閲覧。
  6. ^ a b KazSat 2”. Gunter's Space. 2011年4月1日閲覧。
  7. ^ “ILS Proton M in debut shared payload launch with SES-3 and KazSat-2”. NASASpaceFlight.com. (2011年7月15日). http://www.nasaspaceflight.com/2011/07/ils-proton-m-debut-shared-payload-launch-ses-3-kazsat-2/ 2014年2月23日閲覧。 
  8. ^ KazSat 3”. Gunter's Space. 2014年2月23日閲覧。
  9. ^ “KazSat-3 space satellite to be launched in 2014”. カザフスタン国営テレビ. (2013年12月3日). http://kazakh-tv.kz/en/view/news_kazakhstan/page_36904_ 2014年2月23日閲覧。 

関連項目[編集]