Kaya (歌手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Kaya
基本情報
別名 迦夜
出身地 日本の旗 日本 徳島県鳴門市
血液型 A型
学歴 徳島県立鳴門高等学校
ジャンル ヴィジュアル系
職業 歌手作詞家プロデューサー
担当楽器
活動期間 2006年 - 現在(ソロとして)
レーベル 自主レーベル(2006年 - 2007年
ネクスト メディア コミュニケーションズ(2008年
トロイメライ(2009年 - 現在)
事務所 トロイメライ
公式サイト kaya-rose.com

Kaya(かや、7月17日 - )は、日本のヴィジュアル系歌手、シャンソン歌手作詞家プロデューサー。トロイメライ所属。

人物・来歴[編集]

徳島県鳴門市出身。「Kaya」の由来は、本名をもじったもの。当初「姫」と名乗って活動していたが、Manaに改名を促され、Schwarz Stein結成より改名。姉が2人、弟が1人いる。ライブMCやオフィシャルブログなどによると「恋人はたくさんいる」らしく、「恋をしないと歌詞が書けない」と語っている。好きな食べ物は「上品なお味の甘いもの」。血液型はA型、動物占いペガサス

実姉はアニメソング歌手のみこであり、2008年よりKaya主宰の芸能事務所であるトロイメライに所属、2010年に離籍。トロイメライから発売された『ミラクル☆ハニー』の作詞とプロデュースをKayaが担当した。 実弟は溺れたエビの検死報告書でドラムおよびパーカッションを担当。

3歳の時、地元の奉納祭カラオケ大会にて「釜山港へ帰れ」を歌い、歌手になると決意。14歳より本格的にピアノを習い、作詞を始めた[1]

2002年、元MALICE MIZER(現Moi dix Mois)のManaのプロデュースにより、ユニット『Schwarz Stein(シュヴァルツ・シュタイン)』のボーカルとして活動を開始した。Schwarz Steinではボーカルと作詞を担当していた。

単独公演、音楽専門誌の企画イベントへの出演、全国ツアーの開催などの活動を行い、2004年にSchwarz Steinを解体(解散)した。同時に、それまで所属していたプロダクションであるミディネットとの契約期間が満了し、同社を離籍した。

2006年、ソロシンガーとして活動を再開した。ソロでの活動当初は特定の事務所に在籍せず、マネジメントおよび企画ならびに制作など諸々の活動はすべて本人と少数のスタッフの手により行ってきた。2007年末に自らの芸能事務所であるトロイメライ株式会社を立ち上げ、2008年初春にネクストミュージック(後にネクスト・メディア・コミュニケーションズに改名)と契約した。同年4月23日に、同社よりシングル『ショコラ』を発売した。ネクスト・メディア・コミュニケーションズはその後倒産した[2]2009年以降は、自社レーベルであるトロイメライから新譜をリリースしている。

2008年9月10日に、母校である徳島県立鳴門高等学校文化祭にゲストとして出演。同年11月にアメリカ・ロサンゼルスにて開催されたPacific Media Expo(w:en:Pacific Media Expo)にメイン・ゲストとして出演し初の海外公演を果たし、2009年11月にはワシントンD.C.で行われたアニメUSA、2010年5月ロシア・モスクワ、10月フランス・パリで行われたTOKYOデカダンスのメイン・ゲストとして招聘された。2011年7月には初の南米ツアー(ブラジル・アルゼンチン・チリ・ペルー・メキシコ)も敢行された。 2008年から毎年海外公演を行っている(2014年12月現在)。

2014年3月にSchwarz Stein活動再開。同年5月2日にビジュアル系バンドFemme Fataleを結成。以降はFemme Fataleを中心に、Schwarz Stein、ソロと平行して活動を行っている。

ライブ[編集]

ライブでの演出は単にヴィジュアル系の範疇にはとどまらない。初期のライブではバックダンサーやドラァグクイーンなど様々なパフォーマーが出演し楽曲に合わせた振り付けがなされていたが、2011年発売のアルバム「Queen」ツアー以降のワンマンライブではライブそのものにアルバムのモチーフに基づいたテーマが示され、それに基づくストーリーが演出されつつライブが進行する形となった。 2013年3月9日に渋谷WWWにて行われたライブで、ギターとドラムがサポートメンバーとして加入。以降3人体制でのライブを続け、2014年5月2日に5人組ビジュアル系バンドFemme Fataleを結成。

Kayaは自らのライブに出演するメンバーのことをKaya Projectメンバー、また自らのファンのことをAddict(アディクト)と呼んでおり、後者はオフィシャルファンクラブの名称にも使用されている。

シャンソン[編集]

2006年末より、シャンソン歌謡曲カバー公演を開始、2008年より本格的にシャンソン歌手としても活動を開始した。同年11月にはシャンソニエの老舗である青い部屋戸川昌子とともに出演した。 2009年初のシャンソンアルバムである「ボンジュール!シャンソン」を発売した。同年「新春シャンソンショウ」に参加。2012年からは歌手としてだけではなく、プロデューサーとしても同イベントに参加している。 2013年故郷である徳島にてクミコ梅垣義明ソワレらを招き、「徳島シャンソンショウ2013」を開催。 2010年12月よりSARAVAH東京でシャンソンライブ「CafeNOIR」を毎月開催している。 また、シャンソンを歌う際は名前を「かや」と平仮名で表記している。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  • Kaleidoscope(2006年6月28日発売、TK-1、1,000枚限定発売)- 2006.7.10付オリコンINDIESチャート15位
  • Masquerade(2006年9月6日発売、TK-2)- 2006.9.18付オリコンINDIESチャート13位
  • 桜花繚乱(2007年4月4日発売、TK-4)- 2007.4.16付オリコンINDIESチャート16位
  • Carmilla(2007年10月31日発売、TK-6)- 2007.11.12付オリコンチャート143位(INDIESチャート5位)
  • ショコラ(2008年4月23日発売、POCE-3305)- オリコン週間チャート82位
  • Last Snow(2008年12月24日発売、POCE-9303) - オリコン週間チャート157位
  • Ophelia(2009年7月22日発売、PSCR-6234)- オリコン週間チャート158位
  • Kaya Remix vol.1 K(2009年12月27日発売、TK-08)- ライブ会場限定発売
  • Awilda(2010年7月28日発売、DDCZ-1697)- 2010.8.9付オリコン週間チャート111位(INDIESチャート4位)
  • マダムローザの娼館-麝香-(2010年12月22日発売、TK-09)- 1,000枚限定発売
  • マダムローザの娼館-媚薬-(2010年12月22日発売、TK-10)- 1,000枚限定発売
  • Vampire Requiem(2012年1月25日発売、DQC-829)オリコンインディーズチャート6位
  • SALOME(2012年6月20日発売、DDCZ-1801)- オリコン週間チャート195位
  • Nocturne(2012年12月12日発売、DDCZ-1846)
  • TABOO(2013年7月31日発売、DDCZ-1882)

ミニアルバム[編集]

  • 百鬼夜行(2007年7月11日発売、TK-5)
  • ボンジュール!シャンソン(2009年2月18日発売、POCE-3318)

アルバム[編集]

  • GLITTER(2006年12月27日発売、TK-3)完売
  • GLITTER(2008年7月16日発売、POCE-9301、POCE-3308)完売
  • QUEEN(2011年4月20日発売、DDCZ-1748、DDCZ-1749)- 2011.5.2付オリコン週間チャート126位(INDIESチャート8位)
  • GLITTER(2012年12月12日発売、DQC-9020)再発
  • GOTHIC(2013年12月4日発売、DDCZ-1920、DDCZ-1921)

DVD[編集]

  • サロン・ド・ショコラ(2008年8月20日発売、POBE-3300)- 2008年8月20日付オリコンデイリーチャート10位
  • 薔薇の葬列 -Vampire Requiem-(2012年10月10日発売、DQB-42)
  • Nocturne -蠢く微笑-(2013年7月31日発売、DQV-49)
  • Gothic Elements(2014年4月23日発売、DQB-57)
  • Gothic Elements〜After Live Party〜(2014年8月20日発売、TK-13)

参加作品[編集]

出演番組[編集]

レギュラー出演中の番組[編集]

放送終了番組[編集]

  • Kyu-u倶楽部~Kayaとyu-uのゆかいな小部屋(2009年1月〜3月) - FM徳島FM長崎

出典・脚注[編集]

  1. ^ ピアノはバンド活動が忙しくなった17歳の頃に休止した
  2. ^ http://002tousan.seesaa.net/article/134340417.html 2009年11月30日の全国倒産状況

外部リンク[編集]