KH2002 "Khaybar"

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
KH2002 カイバー
KH2002 カイバー
種類 軍用小銃
製造国 イランの旗 イラン
設計・製造 防衛産業機構
年代 21世紀初頭
仕様
種別 アサルトライフル
口径 5.56mm
銃身長 508mm
ライフリング 6条右転
使用弾薬 5.56x45mm NATO弾
装弾数 20発/30発(箱形弾倉
作動方式 ガス直圧作動、ターンロックボルト
全長 680-800mm
重量 3,800g
発射速度 800-850発/分
銃口初速 900-950m/秒
有効射程 450m
歴史
製造期間 2003年-現在
配備期間 2004年-現在
配備先 イラン陸軍
バリエーション 短銃身型が有?
テンプレートを表示
Nuvola apps kview.svg 画像外部リンク
Searchtool.svg DIOで展示されるKH2002

KH2002 "カイバー"は、イランブルパップ方式アサルトライフルである。名前の由来は、629年ムハンマド率いるムスリム勢力とユダヤ教徒勢力が戦った、マディーナ北部のオアシスであるカイバーen)から採られた。

開発[編集]

防衛産業機構(DIO)で開発された。2003年イラン陸軍に採用され、2004年にイラン陸軍への配備が始まった。

設計[編集]

使用弾薬5.56x45mm NATO弾で、M16STANAG マガジンに類似した弾倉を使用する。イラン陸軍は、中国中国北方工業公司がM16をコピーしたCQシリーズを入手しており、使用弾薬を含め、KH2002の設計にもこれらの構造が流用されたと考えられる。

全体の設計はブルパップ式で、キャリングハンドルはフランス陸軍が保有するFA-MASに、引き金周辺はステアーAUGに酷似する。画像リンクの画像では銃剣と共に展示されており、着剣が可能と思われる。ただし、全長の短いブルパップ式ライフルのため、白兵戦では不利である。また、二脚を装着することが可能。

運用[編集]

イラン陸軍に配備され、パフラヴィー朝から運用されていたH&K G3イラン革命後に導入されたAK系ライフルを代替していると考えられるが、具体的な配備状況・生産数は不明である。

外部リンク[編集]