KAQ-1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

KAQ-1

キャッスル航空博物館(英語版)に展示されるKAQ-1

キャッスル航空博物館英語版に展示されるKAQ-1

KAQ-1はラジコン操作式の小型ターゲットドローン機である。72馬力エンジンにより最大速度350km/h(220mph)、最高高度400km(250マイル)で飛行することができる。

目的[編集]

KAQ-1ドローンの主たる目的は空対空ミサイルおよび地対空砲の射撃訓練用である。KAQ-1はランプから規定の高度へ射出され、破壊される場合はエンジンにマウントされたパラシュートでエンジン部が降下し修理・再利用される。このドローンは1950年代から日本とアメリカにて運用されている。

諸元[編集]

データはキャッスル航空博物館英語版のWebページより[1]

全般[編集]

性能[編集]

  • 最高速度:350 km/h
  • 実用上昇限度:N/A
  • 航続距離:441 km

武装[編集]

なし

出典[編集]

  1. ^ Castle Air Museum - Kawasaki KAQ-1

外部リンク[編集]