K-ASROC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
K-ASROC
Red-Shark cutway.png
K-ASROCの内部図
種類 対潜ミサイル
製造国 韓国の旗 韓国
性能諸元
ミサイル直径 0.38 m
ミサイル全長 5.7 m
ミサイル重量 820 kg
射程 30 km以上
テンプレートを表示
K-ASROC
各種表記
ハングル 홍상어
漢字 紅鮫
発音 ホンサンオ
テンプレートを表示

K-ASROC(カスロック)国防科学研究所が開発した韓国対潜ミサイル。韓国ではホンサンオ(赤い鮫という意味)と呼ばれる。アメリカVL-ASROC日本07式垂直発射魚雷投射ロケットに続いて開発されたが、韓国のマスコミは「世界で2番目に開発された垂直発射型の対潜ミサイル」と主張し続けている[1][2]

概要[編集]

通常の魚雷は水中を移動するため敵潜水艦到達までに時間がかかる。そのため魚雷音で事前に探知される恐れがあった。そこで敵潜水艦近くの海域まで誘導弾で魚雷を飛ばすことでその欠点を補ったものがK-ASROCである。

K-ASROCは発射されると飛距離を調節するため空中で燃焼中のロケットエンジンを強制的に切り離す[1]。敵潜水艦近くの海域まで到達すると、着水時の衝撃で弾頭爆発する危険を防ぐため、落下傘を開くことで減速する[3]。着水時に落下傘を切り離し、スクリューが稼動、その後魚雷として敵潜水艦を攻撃する。

弾頭となるK745 LW短魚雷(青鮫)。

これにより目標付近でしか使えなかった魚雷と比べ射程距離が大幅に伸び、目標の回避時間を削ることで命中精度も改善した。空中射程は30km以上[4]とアメリカVLAの17kmを大きく上回っている。なお弾頭には軽魚雷K745 LW(青鮫)が使用されている。

2009年6月22日に国防科学研究所が開発成功を発表。開発着手から9年、1,000億ウォンの開発費が投じられた[5]。すでに10回余り艦艇からの発射飛行実験が行われ、国防科学研究所は「威力と優秀さは立証済み」としている[5]

2010年から実戦配備され、2012年までに約60~70基が実戦配備される予定と報じられた[4]

2012年7月25日の戦力化後に最初に行われた試験発射において失敗したことから、原因究明に乗り出している[6]。本来なら20km離れた水深60mの目標を破壊する予定であったが、発射から80秒ほどで10km飛行し、パラシュートを開き着水するも、魚雷が推進することなく目標よりもはるか手前で流失した[7]

1発当たりの値段は約20億ウォン

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]