K-1 WORLD MAX 2009 World Championship Tournament FINAL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
K-1 WORLD MAX 2009
World Championship Tournament FINAL
イベント詳細
シリーズ K-1 WORLD MAX
主催 FEG
開催年月日 2009年10月26日
開催地 日本の旗 日本
神奈川県横浜市
会場 横浜アリーナ
試合数 全14試合
入場者数 11,231人[1]

K-1 WORLD MAX 2009 World Championship Tournament FINALは、K-1 WORLD MAXの大会の一つ。2009年10月26日横浜アリーナで開催された。

大会概要[編集]

K-1 WORLD MAX 2009トーナメント準決勝および決勝が行われ、準決勝で山本優弥、決勝でアンディ・サワーに勝利したジョルジオ・ペトロシアンが優勝した。

武田幸三の引退試合が行われ、アルバート・クラウスにKO負けを喫した。

K-1甲子園 62kg級 FINAL8が行われ、野杁正明嶋田翔太石田勝希HIROYAが大晦日の決勝ラウンド進出を決めた。

試合結果[編集]

オープニングファイト[編集]

オープニングファイト第1試合 K-1甲子園 62kg級 FINAL8(K-1甲子園ルール・3分3R)
日本の旗 野杁正明 vs. 日本の旗 宮元啓介 ×
3R終了 判定3-0(30-28、30-28、30-29)
オープニングファイト第2試合 K-1甲子園 62kg級 FINAL8(K-1甲子園ルール・3分3R)
日本の旗 嶋田翔太 vs. 日本の旗 秋元皓貴 ×
3R終了 判定3-0(30-28、30-29、30-29)
オープニングファイト第3試合 K-1甲子園 62kg級 FINAL8(K-1甲子園ルール・3分3R)
日本の旗 石田勝希 vs. 日本の旗 藤鬥嘩裟 ×
3R終了 判定3-0(30-29、30-29、30-29)
オープニングファイト第4試合 K-1甲子園 62kg級 FINAL8(K-1甲子園ルール・3分3R)
日本の旗 HIROYA vs. 日本の旗 日下部竜也 ×
3R終了 判定2-1(30-29、30-29、28-29)

本戦[編集]

第1試合 スーパーファイト・70kg契約(K-1ルール・3分3R延長1R)
中華人民共和国の旗 シュー・イェン vs. 日本の旗 長島☆自演乙☆雄一郎 ×
1R 1:04 KO(左フック)
第2試合 World Championship Tournament 準決勝(K-1ルール・3分3R延長1R)
イタリアの旗 ジョルジオ・ペトロシアン vs. 日本の旗 山本優弥 ×
1R 2:09 KO(2ノックダウン:右フック)
第3試合 World Championship Tournament 準決勝(K-1ルール・3分3R延長1R)
オランダの旗 アンディ・サワー vs. タイ王国の旗 ブアカーオ・ポー.プラムック ×
延長R終了 判定2-1(10-9、9-10、10-9)
3R終了 判定0-0(30-30、30-30、29-29)
第4試合 World Championship Tournament リザーブファイト(K-1ルール・3分3R延長1R)
日本の旗 佐藤嘉洋 vs. 日本の旗 城戸康裕 ×
2R 2:23 KO(2ノックダウン:右フック)
第5試合 スーパーファイト・62kg契約(K-1ルール・3分3R延長1R)
韓国の旗 チョン・ジェヒ vs. 日本の旗 渡辺一久 ×
3R終了 判定2-1(30-28、30-29、28-29)
第6試合 武田幸三引退試合・70kg契約(K-1ルール・3分3R延長1R)
オランダの旗 アルバート・クラウス vs. 日本の旗 武田幸三 ×
2R 2:19 TKO(ドクターストップ:右目負傷)
第7試合 スーパーファイト・70kg契約(K-1ルール・3分3R延長1R)
アルメニアの旗 ドラゴ vs. 日本の旗 小比類巻太信 ×
3R終了 判定3-0(30-24、30-25、30-25)
第8試合 スーパーファイト・70kg契約(K-1ルール・3分3R延長1R)
ウクライナの旗 アルトゥール・キシェンコ vs. イランの旗 トゥファン・"ストーム"・サラフズン ×
3R 1:50 KO(左跳び膝蹴り)
第9試合 スーパーファイト・70kg契約(K-1ルール・3分3R延長1R)
日本の旗 日菜太 vs. ギリシャの旗 マイク・ザンビディス ×
3R終了 判定3-0(30-26、30-26、30-27)
第10試合 World Championship Tournament 決勝(K-1ルール・3分3R延長2R)
イタリアの旗 ジョルジオ・ペトロシアン vs. オランダの旗 アンディ・サワー ×
3R終了 判定3-0(30-26、30-26、30-27)

地上波放送[編集]

出演者[編集]

メインキャスター
ゲスト
ゲスト解説
解説者
ナレーター
実況・キャスター・リポーター

スタッフ[編集]

  • 監修:渡邊健一、藤井誠
  • 構成:吉村幹彦、河合秀仁、武田郁之輔、高宮進吉、井上修、牧田英士
  • TM:伊藤賢一
  • 横浜アリーナ
    • TD:八木真
    • CAM:山本裕一
    • VE:山本善直
    • AUD:落合孝裕
    • ENG:横井一宏
    • バーチャルCG:長友英彦
  • 本社
    • TD:菊池丈治
    • VTR:小川義也
    • VE:白川亮
    • AUD:中村勇二
    • 回線:加藤克行
  • CGデザイン:大隅商店
  • 編集:七條健司、青山幸司
  • MA:井田須美子
  • 選曲:ZACK
  • TK:常藤直子、水田理佳子、岡田恵子、伊藤佳加、鈴木裕恵
  • 技術協力:プロカム東通エヌ・エス・ティーTAMCOティエルシー、テクノネット、MT Planning、サークル、SiS
  • 美術:小美野淳一、岡嶋正浩、与田滋
  • 装置:鶴田宗一
  • 電飾:斎藤幹也
  • 装飾:白田洋一
  • 協力:FEG
  • 衣裳協力:ilungo、foree Rodkin、PINKO、DELTA、Pinky&Dianne、imac
  • 編成:菅原興二、村口太郎
  • 宣伝:小山陽介
  • AD:林隆輔、澤本悦郎、足立佑介、若月嘉智、仲川洋平、金原永知、菊池大輔、岡崎奨、大井友美、杉村惠太鷹、田村昌大、片山恵介、伊藤隆大
  • デスク:泉水明子、安田夏美
  • AP:島田ひろみ、森田誠
  • 中継ディレクター:筧哲一、内野浩志、高橋功二、及川悟郎、大島一成、山田秀正、角之上誠矢、高山和大、平元克二、清水宏幸、鈴木恵介、添谷徳之
  • ディレクター:山本茂人、白幡剛、田中順士、市丸信也、檜垣和孝、井上裕次、金沢景敬、飯島玄太郎
  • 演出:井手雄一
  • 総合演出:藤沢滋彰
  • プロデューサー:石井宏昌
  • 製作著作:TBS

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]