K指数

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

K指数(けーしすう, : K-Index)は、気象学において、の発生確率を評価するために用いられ、特に熱雷の発生確率と相関性が高い指数である。KINXとも記す。

1960年にJ.J.Georgeが発表した評価方式。T気温[℃]、T_{d}露点温度[℃]として、各高度における値をもってK指数を以下の通り算出する。

KINX = (T_{850} - T_{500}) + T_{d850} - (T_{700} - T_{d700}) \,

(T_{850} - T_{500})は850hPa~500hPaにおける気温減率T_{d850}はそのまま850hPaにおける露点温度であり、この2項は雷雨のもととなる対流を促進する要素である。(T_{700} - T_{d700})は700hPaにおける湿数で、中層に乾燥空気があると値が大きくなる。この項は対流を抑制する要素である。

K指数は、値が大きいほど雷雨発生の確率が高い。一般的に、15以下では雷雨発生の可能性はほとんどなく、40以上ではほぼ確実に雷雨が発生するとされる。

参考文献[編集]

関連項目[編集]