Jython

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Jython
開発元 Jim Hugunin(初代)とJythonコミュニティ(以後)
最新版 2.5.3 / 2012年8月13日(2年前) (2012-08-13
対応OS 各種
プラットフォーム Java仮想マシン
種別 Pythonインタプリタ
ライセンス Python Software Foundation License version 2
公式サイト http://www.jython.org/
テンプレートを表示

Jython(旧称JPython)は、プログラミング言語PythonのJavaで書かれた実装である。Jim Huguninによって開発が始められた。

概要[編集]

JythonプログラムはあらゆるJavaのクラスをシームレスにインポートできる。例えば、JavaのGUIライブラリであるSwingAWTSWTなどを使って書くことができる。また、逆にPythonでJavaプログラムから使うクラスを実装することも可能である。JythonはJavaバイトコードにコンパイルされて動作するが、これは動的にも静的にも可能である。

一部の標準モジュールを除いては、JythonのプログラムはPythonモジュールの代わりにJavaのクラスを使っている。Jythonはほぼ全てのPython標準のライブラリを含んでいるが、C言語で実装された一部ライブラリは除外されている。

ライセンス[編集]

Jythonは、現在は制約の緩いフリーソフトウェアライセンスであるPython Software Foundation Licenseのもとでリリースされている。 Jython2.0,2.1のライセンスは独自だが、制約の緩いフリーソフトウェアライセンスである。 JPython 1.1.xのライセンスも制約の緩いフリーソフトウェアライセンスであると考えられるが、内容が複雑であり、フリーソフトウェア財団オープンソース・イニシアティブの査読やコメントも無いため明確ではない。

歴史[編集]

Jim Huguninが開発を1997年に始め、1999年まで開発を続けた。1999年2月に第一開発者がBarry Warsawに変わった。2000年10月にはSourceForge上で開発されるようになった。以来、長年、Samuel PedroniがJythonの保守/開発を担ってきた。2004年末にSamuel PedroniはPyPyに集中するため第一開発者からは退いたのだが、依然彼の発言はJython開発コミュニティにて最も権威あるものと考えられている。2005年1月にはBrian ZimmerがPythonソフトウェア財団から開発続行のための補助金を受けている。2005年12月には第一開発者がFrank WierzbickiからBrian Zimmerに譲られる。2005年頃はJythonの開発は続いたものの、知識とJythonに掛けられる時間のある開発者を確保できなかったため、開発は遅くなってしまった。現在も開発は着実に続けられている。

現状とロードマップ[編集]

現在のリリースはJython-2.5で、Javaとの統合が更に図られた他、CPythonの2.5相当の機能を実装している。(Jythonロードマップを参照のこと)。

用例[編集]

関連プロジェクト[編集]

外部リンク[編集]