Javaカード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Javaのエディション
Wave.svg
Javaカード
Micro Edition (ME)
Standard Edition (SE)
Enterprise Edition (EE)
JavaFX

Javaカード(ジャバカード JavaCard)は、サン・マイクロシステムズが開発したICカードプラットフォーム。1996年に発表された。アメリカ国防総省身分証カードとして採用された事例もある[1]

概要[編集]

Javaでのアプリケーション開発が可能である。

Javaカードアプリケーション環境はスマートカード製造業者にライセンスされる。Javaカードの仕様により、メモリ容量が限られているスマートカードやその他のデバイス上でJavaが動作する。Javaカード APIは正式な国際標準や業界固有の標準と互換性がある。

Javaカード API仕様に従ったJavaカードテクノロジアプレットであれば、Javaカードアプリケーション環境を使用して開発された他社製カードでも動作する。1枚のカードで1つ以上のアプレットが動作できる。カードが顧客に発行された後で、新たなアプレットをカードにインストールできる。

脚注・出典[編集]

  1. ^ 【IT用語】ICカード~FelicaとJava Card~ 3.2 Java Cardより

関連項目[編集]

外部リンク[編集]