JUNGLE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

JUNGLE(ジャングル)は、フジテレビジョンの深夜枠『JOCX-TV2』で1992年10月~1993年9月頃に放送されたシリーズ枠および番組冒頭のアイキャッチである。

概要[編集]

本キャッチはただ見ただけでは不気味で意図を掴み辛い内容であるが、同局の元・編成制作局編成部長の小川晋一は「なんでもありのごちゃ混ぜでいい」との意味を込めてJUNGLEと名付けたとは語っているものの[1]、映像に込められた意図などについては言及していない。また、TVKテレビの音楽番組の冒頭にキャッチとして流れていたこともある。

意図の不明瞭なタイトルバックや音楽が話題になり、一部からは「不気味すぎる」「怖い」「放送できる物ではない」などの批判が殺到していたらしい[要出典]。このスポットは予定通り1年で放送が終了したが、その後もネット上でアイキャッチではあるが「怖いCM」の一つとして挙げられると共に、そこから想像を膨らませたことによる様々な憶測が都市伝説化して流布するにまで至っている。

バージョンと都市伝説による解釈[編集]

「JUNGLE」としてフジテレビが製作した一連のCMのうち、都市伝説の囁かれるものを以下に紹介する。

ハートバージョン・人形バージョンの2つのバージョンがあり、それぞれ15秒と30秒のものがあるため計4バージョン。 なお、「JUNGLE」のアイキャッチのうち、「JOCX(フジテレビ)」の文字が表示されず、フジテレビ製作のアイキャッチであることが不明瞭なものは、このハートと人形のバージョンだけである。


都市伝説のネット上の初出は1992-93年頃の東京BBSの会議室@OLT15であり[要出典]ウィルソン・ブライアン・キイの著書に基づいて分析し、このキャッチが思想的なアピールを目的とするサブリミナルCMだと指摘した[要出典]。当時、同会議室では分析者による検証オフ会も開かれている[要出典]。その後、2002年頃に2ちゃんねるでもその説が紹介され、広まった[要出典]

ハートバージョン
(30秒版)最初は、黒い背景にただピンク色できれいなハート(形の模型)がでている。BGMの単調なビートに合わせてハートは明滅し、だんだんハートの表面が次第に黴びたように変化していき、最終的には全体が黴のようなものに覆われてしまう。黴のようなものの陰影の濃い部分をなぞって見ると、崩した字体だが「A」「I」「D」「S」(エイズ)という文字にも見える[要出典]。最後に「JUNGLE」の文字が現れる。
(15秒版)30秒版と同じBGMで、ハートがビートに合わせて明滅するのは同じだが、こちらは白い菌糸状のものに覆いつくされていく。最後に「JUNGLE」の文字が現れる。
都市伝説では、明滅やAIDSの隠された文字等はサブリミナル効果を狙ったものであり[要出典]、エイズに感染してしまう恐怖を描いたCMと解釈されている[要出典]
人形バージョン
(30秒版)軍歌、あるいは君が代にも似た曲調のコーラスがBGM。最初は激しいフラッシュの中、表面に陰影がある一体の人形から徐々に画面が離れていく。人形の背景には気泡と思われるものがある。やがて周囲に同じような焼けただれた人形が無数に散らばっている様が現れ、最後に「JUNGLE」の文字が現れる。一部には、非常に聞き取りにくいが最後に「ざまあみろ」という声が入っているといわれる[要出典]。コーラスの歌詞は「授かりし 命 乱れ 成りがたい 命」。
(15秒版)30秒版と同じ曲調だが、歌詞の異なる合唱がBGMとなり、こちらは激しいフラッシュの中、ひとつの人形にどんどん近づいていき、最後に「JUNGLE」の文字が現れる。こちらの人形も表面には陰影がある。こちらの歌詞は「授かりし 命 あふれ」。
都市伝説では、このフラッシュと背後の気泡は核爆発の光と熱を、人形は被爆者をイメージしたものと解釈し[要出典]、無数に散らばる「被爆者」を「ざまあみろ」と嘲ることから、反・反核キャンペーンの主旨だったのではないかと解釈されている[要出典]。「ざまあみろ」の音声はサブリミナル効果を狙ったものであると指摘する[要出典]

放送時期[編集]

バージョンは曜日毎に使い分けられており、日・月・水・金が人形、火・木・土がハートである。ただし日曜日は当時他の局と比べ相当遅い時間まで放送していたフジテレビでさえ、F1の放送がある日を除く日曜のみ早くて24時には放送を終了させることも多く、このアイキャッチが出てきた直後に放送終了のアナウンスが流れたり、全く流れなかったりしたこともあった[要出典]

このスポットにおける『JOCX-TV2』先頭の番組には必ず30秒のバージョンが使われ、後に続く番組は基本的にはランダムで流れていたが、15秒のバージョンが使われる事が多かった。またナイター中継で時間が繰り下がった時の番組案内はこのアイキャッチ上に音声無し(稀に男性アナウンサーが一緒にアナウンスする事もある)、表示のみで示される。

脚注[編集]

  1. ^ 『放送文化』1997年6月号

関連項目[編集]

  • 日枝久 - JUNGLEを放送していた頃のフジテレビ社長
  • 小川晋一 - JUNGLEを放送していた頃の編成制作局編成部長
  • ウィルソン・ブライアン・キイ - 都市伝説解析の参考文献とされたサブリミナル広告解析書「メディア・セックス」(1989)の著者
  • サブリミナル効果 - 都市伝説が「JUNGLE」に用いられているとする、視聴者に気づかせずに意識下へ意図したメッセージを刷り込ませるとされる広告技法