JUGENE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Blue Gene/Pのノードカードの1枚

JUGENEJülich Blue Gene、ユージーン)は、IBMにより構築され、ドイツのユーリッヒ研究センター(Jülich Research Centre)に設置された、スーパーコンピューターの一つ。

概要[編集]

JUGENEはIBM Blue Gene/Pをベースとしたスーパーコンピュータで、2006年のBlue Gene/LをベースとしたJUBLの後継である。登場時には世界で2番目、ヨーロッパで1番目に高速なコンピュータであった。オーナーは "Jülich Supercomputing Centre" (JSC) および the Virtual Gauss Centre for Supercomputing である。

JUGENEは、16キャビネットの中にPowerPC 450の65,536コア、850 MHzのクロックを持ち、ピーク性能で222.8 TFLOPS (Rpeak)に達する。公式のLinpackでのピーク性能は167.3 TFLOPS (Rmax)で、2007年11月のTOP500ランキングでは全体で2位、民間(商用)では1位であった[1]

このコンピュータの資金調達は、JSC、ノルトライン=ヴェストファーレン州、連邦陸軍研究教育所(Helmholtz Society)によって行われた。JSCトップの Thomas Lippert は「我々の JUGENE の特徴は、他のスーパーコンピュータと比較して非常に省電力であること」と述べた[1]。Blue Gene/P システムは、1ワット当たり 0.35 ギガFLOPS(GFLOPS) に達するため、同等の処理を行う一般的な x86ベースのスーパーコンピュータより、非常に効率的である[2]

2009年2月には、JUGENEは2009年6月にペタFLOPS性能へのアップグレードを行い、ヨーロッパで最初のペタスケールのスーパーコンピュータを目指すと発表された[3][4][5]

2009年3月26日、新構成のJUGENEが公開された。それは72ラックの中に、294,912個のプロセッサーコア、144テラバイト(TB)のメモリ、6ペタバイト (PB) のストレージ(補助記憶装置)を含んでいた。ピーク性能は約 1ペタFLOPSで、IBM RoadrunnerCray Jaguarに次いで、世界で3番目であった[6]。新構成ではまた、実質的な冷却費用を削減するための、新しい水冷システムが組み込まれた。

JUGENEはオペレーティングシステムSUSE Linux Enterprise Server 11で稼働している。

参照[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]