JR貨物ED500形電気機関車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
JR貨物ED500形電気機関車
全長 17,600mm
運転整備重量 67.2t
軸配置 Bo-Bo
1時間定格出力 4,000kW
1時間定格引張力 187kN (=19,080kgf)
最高運転速度 120km/h

ED500形電気機関車(イーディー500がたでんききかんしゃ)は、かつて日本貨物鉄道(JR貨物)が試用した交流直流両用電気機関車である。

概要[編集]

1992年日立製作所水戸工場で試作機901号機が落成、運用試験のため同年にJR貨物に貸し出され(所有権は日立製作所のまま)、車籍編入された。

最急勾配10‰前後の平坦線での使用を想定し、4軸駆動のD形として設計された。新型の交流直流両用機関車としては、既にEF500形が運用試験を行っていたが、当時EF500形の投入を想定していた日本海縦貫線東北本線津軽海峡線などでは、輸送量の割りに出力過大となることが予想されたことから、ED75形重連に相当する4,000kW級の機関車として日立製作所が設計・提案したとされる。

車体はEF200形を基本にそのまま縮小した体裁で、外部塗色はブラック系メタリック、運転室側扉は赤色、床下機器は黒色である。前照灯標識灯は正面下部に丸型のものを装備する。

制御方式はEF200形と同様にGTO素子VVVFインバータを搭載し、1台のインバータで1基のモーターを制御する1C1M方式である。台車はEF200形のFD3形台車とほぼ同一のボルスタレス台車を装備する。パンタグラフはシングルアーム式で、関節部を車体中央側に向けて搭載する。

現況[編集]

1994年末頃まで主に試験運用に使われたが量産機は製作されず、901号機も早々に除籍・返却され、その後は日立製作所水戸工場(茨城県ひたちなか市)で保管されている。車内の一部機器が撤去されており、自走は不可能となっている。これ以後、日立製作所は電気機関車自体を製造していない。

その後、東北本線・津軽海峡線向けには出力がほぼ同等のEH500形が、日本海縦貫線向けにはやや出力の小さいEF510形が量産され、現在に至っている。

参考文献[編集]

関連項目[編集]