JP-8

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

JP-8は、JP-4ジェット燃料の代わりとして使用するためにアメリカ合衆国1990年に制定されたジェット燃料である。民間用のJet-Aと類似した組成を持ち、JP-4よりも高い安全性を持つ。少なくとも2025年まで使用されると思われる。JP-8はJP-4よりベンゼン発癌物質)とn-ヘキサン神経毒)が減らされている。

高い安全性から近年では航空機用としてだけではなく戦車や車両のガスタービンディーゼルエンジンの燃料としても使用されている。

規格[編集]

  • ブリティッシュ・ディフェンス・スタンダード:91-87
  • NATOコード:F-34
  • MIL規格:MIL-DTL-83133

バリエーション[編集]

JP-8+100は1994年に導入された、熱に対する安定性を華氏100度(摂氏37.78度)まで高める添加物を添加されたJP-8のバージョンである。添加物は、界面活性剤、金属非活性化物と酸化防止剤の組合せである。添加物はコークスによってエンジン燃料系が汚れることを軽減する。民間ではこの添加物が、KLMオランダ航空でも使用されている。

外部リンク[編集]