補助漢字

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
JIS X 0212から転送)
移動: 案内検索

補助漢字(ほじょかんじ)とは、JIS X 0208:1983に含まれない文字を集めた6067字の符号化文字集合である。1990年10月1日制定のJIS X 0212において規定され、JIS X 0208と組み合わせて利用する。

収録文字[編集]

次の通りである。一般に、非漢字をも含めて補助漢字と呼ぶ。

JIS X 0212の制定には国文学研究資料館(当時)の田嶋一夫が大きく関与して、国文学研究資料館の書誌データベース構築における研究成果に基づいた文字選定を行っており、学問研究向きの文字集合となっている。ただ、収録された漢字の中には由来の不明確なものもある。また、「」の字はJIS X 0208にも含まれているが、それとは大きく異なる例示字形で16区17点に漢字として収録している。

Unicodeは制定時にJIS X 0212を原規格の一つとしたため、補助漢字を全て含んでいる。よってUnicodeベースのシステムではフォントさえあれば補助漢字を利用できる。ほかにEUC-JPISO-2022-JP-2ISO-2022-JP-1の符号化方式でも利用できる。しかしShift_JISでは符号化方式の制約により利用できず、Shift_JISでも利用できる設計の拡張文字集合として2000年JIS X 0213が制定されることになる。

JIS X 0213は第3水準および第4水準の文字として定められ、この制定により、JIS X 0212はJIS X 0213よりも下位の位置づけとなり、JIS X 0213を使用することが推奨されるようになった。その後の公的規格などにおいてもJIS X 0212ではなくJIS X 0213を使う事を推奨するものが増えている。2004年にはJIS X 0213:2004が制定されJIS X 0212に含まれる一部のグリフも変更されたが、JIS X 0212は過去の規格ということで、JIS X 0213に含まれていない文字は変更されなかった。

フォントの対応[編集]

Windowsでは古くから対応フォントが用意されており、Windows 98からすでに標準でバンドルされている[1]Windows Vista以降のシステムフォントであるメイリオは、Vista発売当初のバージョン (5.00) では対応していなかったが、Windows 7に搭載されているバージョン (6.02) で対応するようになった[2]。また、多種のグリフを収録している「Arial Unicode MS英語版」や「Code2000英語版」も対応しているほか、フリーフォントではVLゴシックなどが対応。

参考文献[編集]

  • 『印刷産業の情報処理高速化に関する調査研究報告書』 日本機械工業連合会・日本印刷産業連合会〈日機連高度化 62-11〉、1988年6月。
  • 田嶋一夫「JIS漢字補助集合案の設定と今後の課題」、『情報処理学会研究報告』第89巻第13号、情報処理学会、1989年、 1-6ページ。
  • 『JIS X 0212-1990 情報交換用漢字符号-補助漢字』 日本規格協会、1990年
  • 内田富雄「JIS X 0212(情報交換用漢字符号-補助漢字)の制定」、『標準化ジャーナル』第20巻第11号、日本規格協会、1990年、 6-11ページ。
  • 真堂彬・プロビット 『JIS補助漢字 フォント NEC PC-9800シリーズ対応』 エーアイ出版、1992年5月。ISBN 4-87193-158-7
Shift_JIS環境で外字機能を使用して補助漢字を利用できるようにするデータが入ったフロッピーディスクが添付されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]