JEP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
JEP製のOゲージ列車

JEP (ジェップ) はかつてフランスに存在した玩具模型ブランドである。

概要[編集]

1920年に登場した「ブリキ工業会社」(SIFSociété Industrielle de Ferblanterie ) の玩具・模型ブランドで、ブリキ製のミニカー鉄道模型模型航空機船舶模型モデルガン人形などが展開されていた。会社と工場はパリ東部モントルイユに所在した。『JEP』の名前は1902年に創業した「パリ玩具社」 (Jouet de Paris ) の社名を略したものであった[1]1968年に会社が倒産した。

歴史[編集]

1909年に「ブリキ工業会社」が設立され、ブランド名は1920年から使用が開始された。

1925年OOゲージ鉄道模型の『Train mignon 』を発売し、1949年まで生産された。

1928年から1930年代にかけて、印刷されたブリキ板をプレスして作られた1/18スケールのミニカーが最も多く生産された。

1930年Oゲージ鉄道模型が発売され、1963年まで生産された。

1952年にはZamac合金を使用したHOゲージ鉄道模型の生産が開始された。

1950年代半ばからメカノの「ディンキー」に倣って1/43スケールのミニカーに参入した。

1960年代に入るとJouefなどの他社製品と比べてJEP製品は見劣りするようになり、また原材料の調達が困難になったことから1964年に工場が閉鎖され、1965年に全ての製品が終了した。

製品[編集]

ミニカー[編集]

1930年代に1/18スケールで、1950年代に1/43スケールで展開されていた。製品はブリキ製で、窓はプレスで抜かれていた。1950年代の製品では、一部プラスチックの部品が使用されていた。動力はゼンマイ式フリクション式の2種類があった。

鉄道模型[編集]

Oゲージは交流・直流20ボルトの三線式が採用されていた。発売当時はドイツ製のOゲージ製品に匹敵する出来栄えであった。Oゲージ高級品シリーズとして北部鉄道フレッシュ・ドール号や、3両連結の高速気動車 (TAR、Train Automoteur Rapide ) と、線路1周分を収めたセットが発売された。他にも駅や、建物、信号機などが発売された。それらのセットは1960年代まではクリスマスシーズンのデパートの玩具売り場での常連であった。

HOゲージは1952年の発売当初は、プラスチック枕木に鉄製レールの線路を使用し、交流20ボルト三線式であった。1953年まではOOゲージ表記であったが[2]、1954年からHOゲージ表記に変更されている[3]

出典・脚注[編集]

  1. ^ モントルイユの歴史 Société Jouets de Paris
  2. ^ JEP 1953年カタログ
  3. ^ JEP 1954年カタログ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]