J.P.リッチアーディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

J.P.リッチアーディJohn Paul “J. P.“ Ricciardi , 1959年9月26日 - )は、MLBトロント・ブルージェイズの前ゼネラルマネージャー(GM)であり、現在はニューヨーク・メッツのGM特別補佐。アメリカ合衆国マサチューセッツ州ウースター出身。

2011年

経歴[編集]

GM就任まで[編集]

1980年セントレオ大学Saint Leo University)からニューヨーク・メッツドラフト外で契約。マイナーリーグで2年間プレーしたが、通算打率は2割に満たず、1981年限りで現役を引退した。現役時代の守備位置は主に二塁手であった[1]。その後、ニューヨーク・ヤンキースオークランド・アスレチックスの下部組織でコーチスカウトを歴任した。

1996年にアスレチックスのサンディ・アルダーソンGMの特別補佐に就任。アルダーソンの後を継いで就任したビリー・ビーンGMの下では、GMの右腕として「マネー・ボール」戦略を推し進めた。アスレチックスは1999年に7年ぶりに勝ち越し、翌2000年に8年ぶりの地区優勝、2001年には11年ぶりのシーズン100勝をマークした。なお、ビーンGMとはマイナーリーグ時代のチームメイトであった[2]

トロント・ブルージェイズGM[編集]

アスレチックス時代の実績が評価され、2001年11月14日トロント・ブルージェイズゼネラルマネージャーに就任した。アスレチックス時代と同様に、スカウトによる主観的評価よりも、セイバーメトリクスに基づく客観的評価を重視した補強を行った。「マネー・ボール」の原則通り、ドラフト上位指名選手は大学生中心だったが、トラビス・スナイダー(2006年)やケビン・アーレンス(2007年)のような例外もあった。

2005年のシーズンオフにはテッド・ロジャース・オーナーから大幅な年俸総額の引き上げを認められたことで、GM就任以後最大の大型補強を行った。B.J.ライアンを5年4750万ドル、A.J.バーネットを5年5500万ドル(3年目終了時に契約破棄条項付き)で獲得すると、トレードでライル・オーバーベイトロイ・グロースも獲得。更に、ベンジー・モリーナを1年500万ドルで獲得。ロイ・ハラデイとも2008年から2010年まで3年4000万ドルで契約延長に成功した。リッチアーディは「オフに入ったときにプランは立てていたがこんなにうまくいくとは……」と大型補強を自画自賛した[3]。その結果、2006年はレッドソックスを上回り、1993年以降では最高となる地区2位の成績を収めた。

2009年はエースのロイ・ハラデーにトレード話が浮上し、高年俸選手のスコット・ローレンアレックス・リオスを相次いで放出するなど、再建モードに入ったが、同年10月3日、契約を1年残したまま、GMを解任された[4]。在任8年間で勝率5割以上を4度マークしたが、悲願のプレーオフ進出は最後まで実現できなかった。後任にはアレックス・アンソポロスが就任した。

GM解任後、リッチアーディはカナダメディアのインタビューに対し、「私は与えられた条件下でやれる限りのことをした。それでも、この地区で勝ちぬくには十分ではなかった」、「ヤンキースはその気になればペイロールを3億ドルまで増やすことができる。レッドソックスも資金は潤沢だ。この状況では、ブルージェイズがヤンキースやレッドソックスとの争いに勝ちぬくのは難しいだろう。誰がGMをやっても同じことだよ」と語った[5]

大型契約失敗[編集]

騒動[編集]

  • 2007年のスプリントレーニングでは、B.J.ライアンが背中を痛めて離脱すると発表されたが、後に背中ではなく肘の故障で、トミー・ジョン手術が必要な重傷であることが判明した。リッチアーディはライアンの肘の故障を隠すために、嘘の情報を流したことを認めた[14]
  • 2008年6月トロントのラジオ局が放送しているスポーツ番組に出演した際に、「得点力不足解消のためにアダム・ダン(当時シンシナティ・レッズ)を獲得すべき」と提言したリスナーに対し、「あいつ(ダン)は野球が好きじゃないし、試合に対する情熱もない。そんな選手はいらない」と発言[15]。リッチアーディは直後にメディアを通じてダンに謝罪。さらにダンと電話で直接会話し、謝罪をして和解したと述べたが、ダンはそれを完全に否定した。リッチアーディは「私が電話で話した相手は、自分がダンだと名乗っていた。悪質ないたずら電話だったんだ」と語った[14]

GMとしての評価[編集]

リッチアーディは積極的な補強を行うことで、ヤンキース、レッドソックスと同地区という厳しい条件ながら2006年に87勝75敗で地区2位となるなど一定の成果を上げた。それ以外にも2003年2008年に二桁の貯金を記録するなど、激戦区のア・リーグ東地区で健闘を見せた。また、生え抜きの実力者であるロイ・ハラデイアーロン・ヒルと金額の高騰を避けつつ長期契約を結んだことや、アダム・リンド、アーロン・ヒル、トラビス・スナイダージェシー・リッチショーン・マーカムリッキー・ロメロブレット・セシルら現在の中心選手をドラフトで指名したことは高い評価を受けている[7]。トレードの成功例としては、ホセ・バティスタマルコ・スクータロらが挙げられる。マイナー契約で獲得したスコット・ダウンズは、後にリーグを代表する救援左腕へと成長した。

一方で、リッチアーディが連発した大型契約は、ことごとく失敗に終わった。その結果、ブルージェイズの財政状況は悪化した[10]スポーツ・イラストレイテッド電子版は、2009年8月にMLBの現役選手を対象にした「最悪の契約」ランキングを発表し、11位にB.J.ライアン、7位にアレックス・リオス、1位にバーノン・ウェルズを選んだ。また、契約を結んだリッチアーディを痛烈に非難した[16]

2009年7月のロイ・ハラデイを巡るトレード交渉では、あまりに強気な態度を貫いた結果、交渉を成立させることが出来なかったため、各メディアから「本気でチーム再建に取り組む心積もりがない」、「GMとしての想像力に欠けている」と批判された[17]

GMとしての戦績[編集]

年度 チーム リーグ 試合 勝利 敗戦 勝率 順位 年俸総額[18]
2002年 TOR AL East 162 78 84 .481 3位 7680万ドル
2003年 162 86 76 .531 3位 5120万ドル
2004年 161 67 94 .414 5位 5001万ドル
2005年 162 80 82 .494 3位 4571万ドル
2006年 162 87 75 .537 2位 7191万ドル
2007年 162 83 79 .512 3位 8194万ドル
2008年 162 86 76 .531 4位 9797万ドル
2009年 160 75 85 .469 4位 8053万ドル
通算 1293 642 651 .497

GM解任後[編集]

2010年2月、米国のスポーツ専門局ESPNBaseball Tonight」の解説者に就任[19]

同年11月2日、アスレチックス時代の上司であるサンディ・アルダーソンGMの招聘で、ニューヨーク・メッツのGM特別補佐に就任することが発表された。[20]

脚注[編集]

  1. ^ John Ricciardi - The Baseball Cube
  2. ^ 1980 Little Falls Mets Statistics - The Baseball Cube
  3. ^ 田尻賢誉,06年MLBの戦力補強分析(1/2)今オフの勝ち組は?,スポーツナビ,2006/02/15
  4. ^ Toronto Blue Jays management change,bluejays.com(英語),2009/10/03
  5. ^ Ricciardi says his successors will face same challenges,TSN(英語),2010年8月17日閲覧
  6. ^ Blue Jays release B.J. Ryan,CBSSPorts.ca(英語),2009/07/08
  7. ^ a b Shi Davidi,Ricciardi's best and worst moves in eight years as Blue Jays general manager,The Canadian Press,2009/10/03
  8. ^ http://sports.espn.go.com/mlb/news/story?id=2698288 Jays sign Wells to $126 million, seven-year extension],ESPN,2006/12/18
  9. ^ 「2009開幕ロースター 全選手年俸リスト」『スラッガー』2009年5月号、日本スポーツ企画出版社、2009年、雑誌15509-5、68項
  10. ^ a b 李啓充,【 MLB Column from USA 】トレード市場最大の目玉商品。ロイ・ハラデーの「値段」。,goo スポーツ,2009年8月26日閲覧
  11. ^ Major leaguers with the least trade value,ESPN(英語),2009年8月26日閲覧
  12. ^ 「TEAM REPORT & INDIVIDUAL STATS」 『月刊スラッガー』2009年10月号、日本スポーツ企画出版社、2009年、雑誌15509-10、67頁
  13. ^ Blue Jays fire general manager J.P. Ricciardi after eight seasons,The Canadian Press(英語),2009/10/03
  14. ^ a b Dunn denies phone call with Ricciardi,MLB.com(英語),2006/08/24
  15. ^ http://network.nationalpost.com/np/blogs/postedsports/archive/2008/06/19/jays-notebook-ricciardi-trashes-adam-dunn-on-radio-show.aspx
  16. ^ When it comes to bad contracts, Jays' Ricciardi is hard to beat,SI.com(英語),2009/08/13
  17. ^ 城ノ井道人「エースを狙え! 2009トレード・デッドライン総括」 『月刊スラッガー』2009年10月号、日本スポーツ企画出版社、2009年、雑誌15509-10、28頁。
  18. ^ 数字は開幕時の年俸総額。Cot's Baseball Contracts: Toronto Blue Jays,2010年8月17日閲覧
  19. ^ J.P. Ricciardi joins 'Baseball Tonight,ESPN.com(英語),2010年8月17日閲覧
  20. ^ Adam Rubin(2010-11-02),Mets hire ESPN's J.P. Ricciardi, ESPN(英語), 2010年11月3日閲覧

外部リンク[編集]