J・ディラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

J Dilla(ジェイディラ、1974年2月7日 - 2006年2月10日)は、アメリカミュージシャン音楽プロデューサー作曲家歌手。本名James Dewitt Yanceyミシガン州デトロイト生まれ。アメリカでヒップホップR&Bを中心に幅広く活躍したプロデューサー(トラックメーカー)、MC(ラッパー)である。初期はJay Dee(ジェイディー)、後期はJ Dillaの名で、グループとしてはSlum Village1st DownThe UmmahThe Soulquariansの一員として、またサイドプロジェクトではJaylibとして数多くの作品を発表した。

経歴[編集]

幼少時代[編集]

J Dillaは四人兄弟の二番目として、母は元オペラ歌手、父はジャズベーシストという音楽に恵まれた環境に生まれる。彼は幼い頃から彼の両親から音楽を学ぶと共に様々なレコードを集めており、そのレコードの影響もあって様々な楽器の演奏、そしてラップに情熱を傾けるようになる。高校に入学後、彼は学友のT3、Baatinと、自身はJay DeeとしてSlum Villageを結成すると共にテープデッキでビートの作成を開始。

初期の活動と成功[編集]

1992年になると、元FunkadelicのキーボーディストであるAmp FiddlerはJay Deeの才能に感動しテープエディットしか知らなかったJay DeeにMPCの使い方を教える。Jay DeeはMPCの使い方を素早くマスターし、1994年にその機材で作ったデモテープがAmp Fiddlerを介してA Tribe Called Questのツアーでデトロイトを訪れていたQ-Tipの手に渡る。これがきっかけで後述するThe Pharcydeの2ndアルバムとThe Ummahに関わることになる。1995年になるとJay DeeはMCのPhat Kat1st Downを結成、デトロイトで初めてメジャーレーベル(Paydayレコーズ)と契約したヒップホップグループとなった(ただし、Paydayレコーズの倒産によってたった一枚のシングルを発表したのみ)。

同年、The Pharcydeの2ndアルバム『Labcabincalifornia』の『Runnin'』『Drop』を含む6曲の制作とシングルでのリミックスを手がける。本来Q-Tipが手がけるはずであったが、Q-Tipは多忙のためにデモテープで気に入っていたJay Deeに制作を委託。1996年にこのアルバムからのセカンドカット『Runnin'』が大ヒットし、またスパイク・ジョーンズが監督したB面曲『Drop』のPVがその奇抜な映像で反響を呼び、Jay Deeは一躍新人プロデューサーとしてデトロイトのみならずアメリカ全土に広く知れ渡る事になった。また同年にはDe La SoulBusta RhymesやA Tribe Called Quest等のシングルやそのリミックスを手がけ、特にA Tribe Called QuestとはメンバーであるQ-TipAli Shaheed Muhammad(後年Tony! Toni! Toné!Raphael Shadeeqが加入)でプロダクションチームThe Ummahを結成。The UmmahはA Tribe Called Questの4thおよび5th、Q-Tipのソロアルバムやジャネット・ジャクソン等、様々な大物のアーティストを手がける一方、インディーレーベルからSlum Villageの1stアルバム『Fantastic Vol.1』のリリース等、Jay DeeはHip HopのみならずR&Bとしても最も有名なプロデューサーの1人になった。

最盛期とソロとしての活動[編集]

2000年代に入るとSlum Villageは『Fantastic Vol.2』でメジャーデビューすると共に、新しいプロダクションチームThe SoulquariansThe Rootsドラマー?uestloveD'AngeloJames Poyserらと共に結成しErykah BaduTalib KweliCommon等、The SoulqueriansとしてもJay Deeとしても数え切れないほどの量のアーティストを手がけヒットを飛ばした。

彼のソロ・アーティストとしてのデビューは2001年のシングル『Fuck The Police』である。1stアルバム『Welcome 2 Detroit』はイギリスのインディーレーベルBBEからBeat Generationシリーズとして発表された。同年彼は自身の芸名をJay DeeからJ Dillaへと改名し(同業者Jermaine DupriがJ.D.へと改名したため混同を避ける為だと思われる。)、ソロキャリアを追うためにSlum Villageから脱退。

2002年メジャーレーベルMCAでソロとして契約すると、Frank-N-Dankのアルバム『48HRS』全体を手がけるがリリースされず、MCAから商業的な曲を作るように要求され、再度録り直しをするも結局お蔵入りしてしまった。この事に彼は落胆を表明していた。

彼はラッパーとしてよりはプロデューサーとして知られていたが、MCAからリリースする筈であったアルバムでラップに徹し、プロダクションは彼が認めるアーティストであったMadlibPete RockHi-TekSupa Dave WestKanye WestNottzWaajeed達に製作を依頼した。しかし、このアルバムの音源自体は完成していたものの、2003年にMCAがGeffen Recordsに吸収された事を受け結局リリースされないままお蔵入りとなった。2008年現在に至るまでこのアルバムはリリースされていない。

晩年と死後[編集]

ロサンゼルスのプロデューサーでMCであるMadlibJaylibとしてグループを2002年に組み、2003年に『Champion Sound』を発表。同年、J Dillaは元々弱かった肝臓を痛め体重が激減する等、体の不調によって活動範囲は非常に限定されてしまい、それ故に2004年から2005年にかけてのリリースは多作な彼にしてはゆっくりした物になってしまった。しかしリリースでなく彼はビートを作っては自身でインターネットでリークしており、たとえ病床についていようと音楽を作り続けていた。彼は2005年の11月にヨーロッパのツアー非常にやせ細った体に車椅子という痛々しい格好でステージに立ち、この時初めてJ Dillaの病気の深刻さが広く知らしめられた。後に明かされることだが、彼は全身性エリテマトーデス(全身の臓器に原因不明の炎症を引き起こす病気)を引き起こす可能性のある希な血液病、血栓性血小板減少性紫斑病に悩まされていたのであった。

そして2006年2月10日、彼はその短くも輝かしい人生に幕を閉じた。彼の母いわく死因は心臓停止であったそうである。3日前に自宅で32歳の誕生日を迎え、生前最後のアルバム『Donuts』をリリースした矢先の出来事であった。

しかし、Donutsに次いでオリジナルアルバムである『The Shining』及び『Jay Love Japan』のリリースだけでなく、彼の死後に出た多くのアーティストの新譜にJ Dillaの名前がクレジットされている事や、未発表音源集や廃盤になっていた音源が続々と発表/再発されるなどしてJ Dillaの音源は世に出続けており、彼の名前は今でもレコードショップの新譜コーナーで見る事ができる。その内容や生前の活躍に対して様々なアーティストが哀悼の意やトリビューソングが発表されている。また、メディア/レコードショップ等でネクストJay Deeという形でJ Dillaに強く影響を受けた新人の作品がフックアップされている事も多い。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  • Slum Villageとして
    • 1997年 Fan-Tas-Tic (Vol. 1) (Donut Boy Recordings) (2006年Counterflowより再発)
    • 2000年 Fantastic, Vol. 2 (Goodvibe)
    • 2000年 Best Kept Secret EP (Groove Attack)
  • ソロとして
    • 2001年 Welcome 2 Detroit (Barely Breaking Even)
    • 2003年 Champion Sound (Stones Throw)
    • 2003年 Ruff Draft EP (Mummy/Groove Attack) (2007年Stones ThrowよりCD二枚組で再発)
    • 2005年 Jay Love Japan (2008年にOperation Unknownより再発)
    • 2006年 Donuts (Stones Throw)
    • 2006年 The Shining (Barely Breaking Even)
    • 2007年 Jay Deelicious: The Delicious Vinyl Years (Delicious Vinyl Records)

シングル[編集]

Year Title Performer Album
1995 A Day Wit The Homiez 1st Down V.A. (REPRESENTING THE STREETS)
1995 Runnin The Pharcyde Labcabincalifornia
1996 Stakes is High De La Soul Stakes Is High
1996 1nce Again A Tribe Called Quest Beats, Rhymes and Life
1996 Stressed Out A Tribe Called Quest Beats, Rhymes and Life
1997 Got 'Til It's Gone Janet Jackson The Velvet Rope
1998 Find a Way A Tribe Called Quest The Love Movement
1999 Vivrant Thing Q-Tip Amplified
1999 Breathe & Stop Q-Tip Amplified
1999 Get Dis Money Slum Village Fantastic, Vol. 2
2000 Climax (Girl Shit) Slum Village Fantastic, Vol. 2
2000 Raise It Up Slum Village Fantastic, Vol. 2
2000 I Don't Know Slum Village Fantastic, Vol. 2
2000 The Light Common Like Water for Chocolate
2000 Cleva Erykah Badu Mama's Gun
2000 Didn't Cha Know? Erykah Badu Mama's Gun
2001 Fuck The Police Jay Dee
2001 Pause Jay Dee Welcome 2 Detroit
2001 Thru Ya City De La Soul Art Official Intelligence: Mosaic Thump
2003 Shoomp/Much More De La Soul The Grind Date
2003 The Red Jaylib Champion Sound

プロデュース[編集]

Year Title Performer Album
1995 One Little Indian(Jaydee's Hit Remix) Little Indian One Little Indian
1996 It's Going Down Mad Skillz From Where???
1996 The Jam Mad Skillz From Where???
1996 The Rhyme(The Ummah Remix) Keith Murray enigma
1996 Dangerous Ground Keith Murray enigma
1997 Let Me Be The One(Ummah Remix Featuring Q-Tip) Mint Condition Definition of a band
1997 Let Me Be The One(Ummah Radio remix featuring Phife Dawg) Mint Condition Definition of a band
1999 Secrets of the Sand(remix) Mood Doom