Irssi

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Irssi
Irssi.png
Irssiのスクリーンショット
作者 Timo Sirainen
開発元 The Irssi project
最新版 0.8.15 / 2010年4月3日(4年前) (2010-04-03
プログラミング言語 C言語
プラットフォーム クロスプラットフォーム
種別 IRCクライアント
ライセンス GNU General Public License
公式サイト http://www.irssi.org/
テンプレートを表示

Irssiインターネット上でチャットを行うためのコンピュータ・ソフトウェアの1つである。リレー方式でチャットを行うInternet Relay Chat(IRC) のGNU General Public Licenseによるクライアントであり、Timo Sirainen が開発し、1999年1月にリリースされた[1]

実装・設定[編集]

C言語で書かれており、通常の操作にはテキストモードを使用する[1]Unix系オペレーティングシステムで動作することを第一に書かれたが、Cygwinを使えば Microsoft Windows 上でも動作する。Windows上で直接コンパイルして実行することも可能だが、多くの便利な機能を使えるようにするにはさらに手間がかかる[要出典]

Mac OS X用バージョンも存在し、テキストモード版ではFinkMacPortsを使い、ネイティブのグラフィカル版は"MacIrssi"と呼ばれ、他に"IrssiX"と呼ばれる別のグラフィカル版もある。かつては Cocoa を使った"Colloquy"もIrssiのIRCコアを使っていたが、今では別のIRCコア実装を使っている。

テキストモードのIRCクライアントは ircIIコードを元にしていることが多いが、Irssi は最初から独自に書かれている。そのためセキュリティやカスタマイゼーションといった問題への対処が素早い。見た目や操作法をカスタマイズする様々なモジュールPerlのスクリプトが利用可能である。プラグインを導入することでSILC(Secure Internet Live Conferencing) やICB(Internet Citizen's Band) といったプロトコルにも対応できる。

Irrsiの設定はユーザインタフェースからでも、設定ファイルを直接編集しても行える。設定ファイルの文法はPerlのデータ構造に似ている。[2][3]

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b Danen, Vincent (2008年5月5日). “Try IRC with Irssi to communicate via chat”. TechRepublic. Zdnetasia.com. 2010年10月18日閲覧。
  2. ^ 2002年3月中旬、Irrsiの配布サイトハッキングされ、構成用スクリプトにバックドアが仕込まれるという事件が発生した(McWより)。
  3. ^ McWilliams, Brian (2002年6月5日). “Download Sites Hacked, Source Code Backdoored”. SecurityFocus. BusinessWeek.com. 2010年10月18日閲覧。

外部リンク[編集]

公式サイト[編集]

バイナリ[編集]

プラグイン[編集]

その他[編集]