International Supercomputing Conference

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

International Supercomputing Conference(インターナショナル・スーパーコンピューティング・カンファレンス、国際スーパーコンピューティング会議[1]ISC)は、1986年より毎年ヨーロッパで開催されているスーパーコンピューティングの国際会議

歴史[編集]

1986年、ドイツ マンハイム大学のコンピュータセンター所長でコンピュータ科学教授のHans Werner Meuer博士が、「マンハイム・スーパーコンピュータ・セミナー」を共同設立して組織し、81の参加者を得た[2]。この会議は毎年開催され、年次の「International Supercomputing Conference」(ISC)となった。この会議では、世界中から集まった講演、展示、研究が行われている。

1993年よりこの会議は、世界で最も高速な500のスーパーコンピュータを発表するTOP500ランキングの年2回の発表のうち、年1回の会場ともなった。他の1回はアメリカ合衆国で開催されているSupercomputing Conference(SC)で発表されている。

2010年3月30日には、ドイツのハンブルクで25周年を祝う集会が行われた[3]

開催年 開催地 会議名
2011 ドイツ ハイデルベルク International Supercomputing Conference
2010
2009
2008 ドイツ ドレスデン
2007
2006
2005 ドイツ ハイデルベルク
2004[4]
2003
2002
1993 ドイツ マンハイム Mannheim Supercomputer Seminar

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]