Intel GMA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Intel Graphics Media Accelerator (インテル・グラフィックス・メディア・アクセラレータ)は、インテルが開発したグラフィックコントローラ (GPU) の製品名である。Intel GMA の名称でも知られている。

Intel GMA は、単体のグラフィックスカード製品としてではなく、同社の開発したチップセットに統合される形で設計されている(オンボードグラフィックス)。Intel GMAが統合されたチップセットは、主にコストの削減や消費電力を減らすため、高いグラフィックス性能を必要としない安価なコンピュータにおいて、独立したグラフィックスカードの代わりに用いられている。オンボードグラフィックスを含めたGPU市場では、出荷数の約半数を占めている。

歴史[編集]

Intel GMA は、インテルが最初に開発したチップセット統合型のグラフィックスコントローラである Intel Extreme Graphics シリーズを置き換えるもので、2004年にPentium 4向けのチップセット Intel 915 のグラフィックス機能、Intel GMA 900 として発表された。インテルのチップセットとしては初めて、Direct3DOpenGL のハードウェアアクセラレーションがサポートされた他、プログラマブルシェーダに対応したことで、機能上は GPU に相当するものとなった。

2010年の第1四半期に発表された新しい製品から、GPUユニットがチップセットではなくCPUに統合され、ブランドも Intel HD Graphics へ変更された。

製品[編集]

GMA 900  
GMA 900 は、2004年に発表された製品で、Intel 910/915 チップセット (Intel 915G、915GV、910GL、915GM、915GMS、910GML) に統合されている。コアクロックは 133MHz から 333MHz、ビデオメモリは最大 128MB となっている。ハードウェアで DirectX 9 のピクセルシェーダ 2.0と OpenGL 1.4 に対応しており、ソフトウェアでハードウェアT&Lやバーテックスシェーダ 2.0 に対応している。
GMA 950
GMA 950 は、2005年に発表された製品で、Intel 945 チップセット (Intel 945G、945GC、945GZ、945GM、945GU) に統合されている。GMA 900 を改良した製品で、コアクロックは 133MHz から 400MHz、ビデオメモリは最大 192MB から 256MB となっている。DirectX 9.0c、バーテックスシェーダ 3.0 に対応しているが、シェーダにソフトウェアで対応している点は GMA 900 と同じである。
GMA 3000
GMA 3000 は、2006年に発表された製品で、Intel 946GZ(デスクトップ用Intel 945チップセットをIntel Core 2プロセッサに対応させたもの)、Q965、Q963チップセットに統合されている。コアクロックは 400MHz から 667MHz、ビデオメモリは最大256MBとなっている。Windows Aeroの最低要件を初めて満たす。
GMA X3000
GMA X3000 は、2006年に発表された製品で、Intel G965 チップセットに統合されている。コアクロックは 667MHz、ビデオメモリは最大 384MB となっている。シェーダモデル 3.0 に対応しており、バーテックスシェーダにもハードウェアで対応したが、ドライバの開発が遅れて2007年に対応している。
GMA 3100
GMA 3100 は、2007年に発表された製品で、Intel 3 シリーズ (Intel G31、G33、Q33、Q35) のチップセットに統合されている。設計は GMA 3000 を基にしており、コアクロックは 400MHz、ビデオメモリは最大 256MB となっている。GMA 3000 と同じくバーテックスシェーダにはソフトウェアで対応している。
GMA 3150
GMA 3150 は、2009年に発表された製品で、第2世代 Atom プロセッサ (Pineview) に統合されている。コアクロックは200MHz (N450,N470) から 400MHz (D410,D510)、ビデオメモリは最大 256MB となっている。DirectX 9.0c、シェーダモデル3.0(ソフトウェア対応)、シェーダモデル2.0 に対応している。
GMA X3100  
GMA X3100 は、2007年に発表された製品で、Intel GL960、GM965 チップセットに統合されている。GMA X3000 をモバイル用に設計したもので、コアクロックは 400MHz から 500MHz、ビデオメモリは最大 384MB となっている。DirectX 10、OpenGL 2.0 に対応している。
GMA X3500  
GMA X3500 は、2007年に発表された製品で、Intel G35 チップセットに統合されている。GMA X3000 を改良したもので、コアクロックは 667MHz、ビデオメモリは最大 384MB となっている。シェーダモデル 4.0 に対応している。
GMA 4500  
GMA 4500 は、2008年に発表された製品で、Intel 4 シリーズ (Intel Q43、Q45) のチップセットに統合されている。GMA 4500MHD は、GMA 4500 にハードウェアによるHDビデオ、Blu-ray Disc の再生支援機能を強化した製品で、Intel 4 シリーズ (Intel GL40、GS45、GM45、GM47) のチップセットに統合されている。OpenGL 2.1 に対応している。
GMA X4500  
GMA X4500 は、2008年に発表された製品で、Intel 4 シリーズ (Intel G41、G43) のチップセットに統合されている。GMA X4500HD は、GMA X4500 にハードウェアによるHDビデオ、Blu-ray Discの再生支援機能を強化した製品で、Intel G45 チップセットに統合されている。OpenGL 2.1に対応している。
GMA 500/600 (PowerVR SGX535)
GMA 500 は、2008年に発表された製品で、Intel UL11L、US15L、US15W システム・コントローラ・ハブ(チップセットに相当)に統合されている。PowerVR SGX535 コアを元に Intel Atom プロセッサ用に設計され、コアクロックは 100MHz (UL11L) , 200MHz (US15L、US15W), 400MHz、ビデオメモリは 256MB となっている。HDビデオの再生支援機能をもち、DirectX 9、OpenGL 2.0 に対応している。
GMA 3600/3650 (PowerVR SGX545)
GMA 3600/3650 は、2011年に発表された製品で、第3世代Atomプロセッサ (Cedar Trail) に統合されている。3000番台ではあるが PowerVR SGX545 ベースであり、GMA500 の性能向上版である。ビデオメモリは 512MB、DirectX 10.1, OpenGL 3.0 に対応している。コアクロックは 400MHz, 640MHz。

仕様一覧[編集]

製品 Market チップセット / CPU コードネーム Device ID コアクロック (MHz) EU シェーダモデル APIサポート メモリ帯域 (GB/s) 最大メモリ (MB) 再生支援
DirectX OpenGL MPEG-2 VC-1 AVC
GMA 900 Desktop 910GL Grantsdale 2582
2782
4 2.0 / 2.0 (SW) 9.0 1.4 3.2 128 MC[1] No No
915GL
915GV 8.5
915G
Mobile Mobile 915
Family
Alviso 2592
2792
GMA 950 Desktop 945GZ Lakeport 2772
2776
4 2.0 / 3.0 (SW) 9.0c 8.5 256[2] MC[2] No No
945GC 10.7
945G
Mobile Mobile 945
Family
Calistoga 27A2
27A6
27AE
250[3]
GMA 3100 Desktop Q33 Bearlake 29D2
29D3
4 1.5 12.8 256[4] MC[2] No No
Q35 29B2
29B3
G31 29C2
29C3
400
G33 12.8 (DDR2)
17 (DDR3)
Full[2]
GMA 3150 Nettop Atom Dx10 Pineview Dx10:400
N4x0:200
2 6.4 No No
Netbook Atom N4x0 5.3
GMA 500 MID UL11L Poulsbo 8108
8109
100 4 3.0 9.0c 2.0 4.2 256 Full Full Full
US15L 200
US15W
GMA 3000 Desktop 946GZ Broadwater 2972
2973
667[5] 8 2.0 / 3.0 (SW)[6] 10.7 256 MC[2] No No
Q963 2992
2993
667[7] 12.8
Q965
GMA X3000 G965 29A2
29A3
3.0 384 Full[2] MC + (LF -
WMV9 only)
GMA X3500 G35 2982
2983
667[8] 4.0 10 MC + LF
GMA X3100 Mobile GL960 Crestline 2A02
2A03
400[9] 8.5 MC + (LF -
WMV9 only)
GLE960
GM965 2A12
2A13
500[9] 10.7
GME965
GMA 4500 Desktop B43 Eaglelake 2E42
2E43
2E92
2E93
10 2.1 12.8 (DDR2)
17 (DDR3)[10]
768[11]
Q43 2E12
2E13
Q45
GMA X4500 G41 2E32
2E33
800 Full MC + LF MC + LF
G43 2E22
2E23
GMA X4500HD G45 Full Full
GMA 4500MHD Mobile GL40 Cantiga 2A42
2A43
400[12] 12.8
GS40
GM45 533[12] 12.8 (DDR2)
17 (DDR3)
GS45
製品 Market チップセット / CPU コードネーム Device ID コアクロック (MHz) EU数 シェーダモデル DirectX OpenGL メモリ帯域 (GB/s) 最大メモリ (MB) MPEG-2 VC-1 AVC
APIサポート 再生支援

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]