Intel Galileo

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Intel Galileo
Embedded World 2014 Intel Galileo 01.jpg
開発者 Intel Corporation
種類 ワンボードマイコン
プロセッサー Intel Quark X1000 [1]
周波数 400 MHz [1]
メモリ 512 MB [1]
ポート USB2.0,UART,RS-232 など
寸法 10 cm * 7 cm [1]

Intel GalileoArduinoに承認された初のインテルx86アーキテクチャを元にした開発用ボードコンピュータで製造業や教育関連を対象として設計された。


Intel Galileoはインテル社の技術と既存のArduinoの("シールド"と呼ばれる)拡張カードに対応し、Arduinoのソフトウェア開発環境とライブラリを流用できる。[2] 開発ボードはオープンソースリナックスと"sketches"と呼ばれる既存のArduino用のソフトウェアが実行できる。Intel GalileoはOS X, Microsoft WindowsやLinux上で開発できる。ボードは同様にArduinoシールドエコシステムに対応する。

Intel GalileoはIntel Quark SoC X1000を備え、低消費電力、小型のIntel Quarkを備えた初の製品である。 Intel Quarkはモノのインターネットウェアラブルコンピュータを対象に開発された。アイルランドで設計され、Quark SoC X1000 は32ビット、シングルコア、シングルスレッドPentium命令セットアーキテクチャ(ISA)-互換 CPU、最大400 MHzで作動する。

さらにArduinoシールドエコシステムに対応してIntel開発ボードはACPIPCI Express、 10/100 Mbit Ethernet、SD、USB 2.0デバイスやEHCI/OHCI USBホストポート、high-speed UART, RS-232シリアルポート、プログラム可能な8 MB NORフラッシュやデバッグ試験用のJTAGポートを含むいくつかの産業用インターフェースを備える。

出典[編集]

  1. ^ a b c d Intel. “インテル® Galileo 開発ボード” (ja). 2014年7月25日閲覧。
  2. ^ http://www.mouser.com/new/Intel/intel-galileo-development-board

外部リンク[編集]