ITガバナンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ITガバナンス: I.T. governance)はITへの投資・効果・リスクを継続的に最適化する為の組織的な仕組みのこと。コーポレート・ガバナンスから派生した概念で、2002年4月に起きたみずほ銀行のシステム統合における障害発生を皮切りに声高に叫ばれるようになった[1]

概要[編集]

ITガバナンスの言葉自体は非常に広義にとられ、その定義も様々な説があり、いまだ確立したものは無い状況といえる。

通商産業省(現経済産業省)では「企業が競争優位性の構築を目的としてIT戦略の策定及び実行をコントロールし、あるべき方向へと導く組織能力」と定義しており、日本監査役協会では「リスクマネジメントとパフォーマンスマネジメントを実施するにあたっての健全性確保のためのコンプライアンスマネジメントの確立」と定義している。また、ITガバナンス協会(ITGI)による「取締役会及び経営陣の責任」といった定義も存在する。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ wisdomビジネス用語辞典より。

外部リンク[編集]